伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

麻生の乱⑪宏池会の歴史、哲人政治家大平正芳と腹心、田中六助の時代、無限拡散

麻生の乱⑪宏池会の歴史、哲人政治大平正芳と腹心、田中六助の時代、無限拡散

f:id:fushimiakimasa:20170716223839j:plain

 

1971年、三代目宏池会会長に就任した大平正芳は、1980年の「ハプニング解散(偶然の重なった解散)」後の総選挙中6月12日に急病死するまで、9年間生涯会長の座にあった。

スポンサーリンク

 

喋る時の癖から、1978年の総理就任前後は「あ~う~総理」と呼ばれ、小学生にも親しまれた。しかし、本人はこういわれることを結構気にしていたらしい。

私個人としては、出自は別にしても、政治家としての能力、人物、識見ともに非常に尊敬していた懐かしい総理大臣だ。

また、楽しかった大学時代の総理として、「青春の思い出」とオーバーラップする面もある。

決して、男前とは言えないが、笑った顔には得も言われぬ愛嬌が有り、「優しい祖父」をイメージできる人だった。

本人は「讃岐の貧農の倅」と自称したが、それを恥じることなく、のちに洗礼を受けたキリスト教を通じて、人格を自ら陶冶されたのだと思う。

彼が、極めて有能な政治家であることは、若くして、外務大臣に就任してからの、目覚ましい業績が証明している。

日韓基本条約の締結は困難を極めながらも、見事、交渉を妥結させた。その他、通産大臣や大蔵大臣も無難にこなした。

むしろ、総理の座が手に届きだしたころからと、総理になってから、反主流派の福田赳夫や、三木武夫に政争を挑まれ続けて

真価を発揮できなかった。2年弱の在任期間であったが、健康さえ持てばもっと長くやってもらいたい総理だった。

★大平を宏池会会長に担いで、クーデターをお越し、その後、大平が心筋梗塞で急死するまで看取った腹心がいる。

福岡県田川市、出身の田中六助と言う政治家だ。大平を死ぬまで支え、死後もその能力を買われ、中曽根内閣でも重用された。

 

宏池会のキーワードは、東大出、高級官僚、部落出身者≫

田中六助は、上記の条件を満たさない、宏池会の幹部としては異色の政治家だった。

早稲田から、日経新聞の記者になり、池田勇人から可愛がられ、政治家になった。

出身地の田川氏は、「炭坑節」の発祥地で、遠賀川(おんががわ)の流域で、住民は、川筋者と呼ばれ、侠気(おとこぎ)が厚いと言われる。

田川氏は麻生同和太郎の飯塚市の真西なので、もしやと思い、チェックしてみたら、

【出身地】福岡県田川郡上野村→現・福智町・・・・ドンピシャ全国部落名鑑記載の地区と一致する。

★ちなみに、

池田勇人の出身地;広島県豊田郡吉名→竹原市吉名町・・・・ドンピシャ一致

宮澤喜一;本人は東京出身だが、父親の宮澤裕(ゆたか)は、広島県沼隈郡金見村→福山市金江町金見・・・ドンピシャ

尤も宮澤については、同郷の部落活動家、小森龍邦から、出自を暴露されている。

宮澤は激怒した。事実と違うなら無視すればよいのに・・・・

現外相で麻生同和太郎と二階がポスト安倍で担ごうとして、その気になっている岸田文雄は、三代の世襲政治家で宮澤の甥の洋一(元大蔵官僚で政治資金をSMクラブに支出して問題になった)従兄弟・・・ここでピンときたので確認すると。

祖父の岸田正記の出身地は、広島県賀茂郡西志和村・・・ドンピシャ一致です。

★ついでに、宮澤喜一の母方の祖父の故小川平吉鉄道大臣・・・信濃の国諏訪郡御射山神戸村→現諏訪郡富士見町・・・ドンピシャ一致

堤康次郎・・・滋賀県愛知郡八木荘村→現・愛知郡愛荘町・・・・ドンピシャ一致

 

部落民は同胞に集まるフェロモンを発しているのか?宏池会部落民が多数≫

会津人らしい政治家と言われた、伊東正義氏や、岩手の漁師出身の鈴木元総理は、白河の関以北なので違うだろうが・・・・・

 

≪田中六助は、古賀誠の師匠≫

同じ福岡県出身だからか、高学歴、官僚の条件を満たさない、異端のせいか?

古賀誠は田中六助に指示していた。

f:id:fushimiakimasa:20170716231140j:plain

*写真は田中六助(左)と古賀誠