伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

麻生の乱⑩宏池会の歴史、池田勇人死後、大平クーデター、無限拡散

麻生の乱⑩宏池会の歴史、池田勇人死後、大平クーデター、無限拡散

f:id:fushimiakimasa:20170716230859j:plain

*写真は派閥の長として求心力を維持できなかった前尾繁三郎

 

スポンサーリンク

 

1965年8月、池田勇人喉頭がんで死去すると、池田の大蔵省の4年後輩で、腹心の前尾繁三郎が、宏池会の2代目の会長に就任した。

総理の座は、前年11月に、池田は佐藤栄作禅譲している。

京都府選出の前尾と言う人は、後に「政界の三賢人」と呼ばれるほどの教養人であり、人格者であった。

しかし、「権力抗争」は望まず、「派閥を政策集団」と位置付ける人だった。

それに比べ、一世代若い、大平正芳や、腹心の田中六助等は、「派閥は政権獲得のための集団」ととらえており、不満が溜まっていた。

加えて、「人事の佐藤」と言われた、老獪な佐藤栄作に前尾は翻弄され、自民党第二派閥の宏池会にはフラストレーションが臨界点に溜まっていた。

1970年、佐藤栄作から、次の内閣改造では「宏池会」を優先するという言質を取り、佐藤4選を支持したが、その後、佐藤は内閣改造を中止し、

前尾は、政界で生き恥を晒すと同時に、派内の求心力を失った。

不満が爆発した、大平グループは、腹心の田中六助が、動き、前尾を強引に会長の座から引きずりおろし

第三代目宏池会会長に大平正芳を就任させた。

これを「大平クーデター」と言う。