伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

小和田救出失敗と昭和天皇の遺言⑫小和田軟禁の意味【無限拡散】

小和田救出失敗と昭和天皇の遺言⑪今後は、、、

f:id:fushimiakimasa:20170704192641p:plain

*写真は、スイスでの客死が決まった朝鮮人部落民の夫婦・・・本当に上品ですね。

 

私「結局、今回の問題「小和田恒スイス軟禁」「救出作戦失敗」の本質とは何だったのでしょう?」

元高官「それはね。端的に言うと、世界が今上を、昭和天皇が認めた「正当な皇位継承者」として認めていないという事なんだよ。

それが、スイスの某銀行の態度に先鋭的に現れているわけだ。つまり「正当性の否定」だね。「あんたは天皇じゃないよ」と。

最も漫画チックなのは、朝鮮盗賊の小和田恒だ(笑)。他人の銀行カードを盗んで、パスワードを適当に打ち込み続けたら、セキュリティに

引っかかって、ロックされ、その場で逮捕されたようなものだよ。」

スポンサーリンク

 

私「馬鹿ですね」

元「そもそもは、今上が自分でやってみて、何度も失敗して上手くいかなくて悩んでいたところ、小和田が「私なら、できます。その代り上手く行ったら

私の天文学的な借金の返済にも充てさせてください」と志願したのが始まりらしい。それと間抜けなのは、小和田はオランダでも犯罪を犯してるんだよな~」

私「何をやらかしたんですか?」

元「それは言えない」

私「もう、本当に、小和田が日本に戻ってくることはないんでしょうね?」

元「唯一ある。しかし、「ラクダに針穴をくぐらせるより難しい」」

私「それは、何ですか?」

元「日本政府が小和田恒・優美子夫妻を「犯罪者」として認定し、スイスに引き渡しを要求することだ」

私「なるほど」

元「先ず第一の難関、日本とスイスは「犯罪者引き渡し条約」を結んでいない。」

私「結べばいいじゃないですか?」

元「この事実を考えてみてくれ。日本と犯罪者引き渡し条約を結んでいるのは、アメリカと韓国の2国だけだ。イギリスは何と115か国だ。この差は何だと思う?」

私「わかりません」

元「「死刑制度」の有無だよ。世界で唯一死刑制度を維持しているのは日本だけなんだ。日本と条約を結んでいる米国と韓国も死刑制度は有る。しかし、米国は州によっては廃止しているところもある。

韓国はもう十数年も死刑執行していない。即ち、日本がスイスと犯罪者引き渡し条約を結ぶには、「死刑制度」を廃止するしかないんだ。現実的に不可能だと思わないか?

日本の傾向は「厳罰化」の傾向にあるんだよ。世論が許すはずがない。」

私「つまり、小和田が解放され日本に帰国することは、ほぼ不可能に近いと」

元「その通りだ」

f:id:fushimiakimasa:20170704192822j:plain