伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

小和田救出失敗と昭和天皇の遺言② 亡命する準備に入った天皇と美智子【無限拡散】

小和田救出失敗と昭和天皇の遺言② 

国民を見捨てて亡命しようとする天皇と美智子【無限拡散】

f:id:fushimiakimasa:20170629211246j:plain

元高官「はっきり言うけど、今回の事件には、明仁天皇自身が積極的主導者なんだ。勿論美智子の入れ知恵もあるけどね」

私「何で天皇自身が・・・・・」

元高官「今上さんは、戦時中、日光に疎開していたころ、イタリアのムッソリーニが、国民に吊るされたと聞いて、机の下に潜り込んで、号泣したというのは、学友も証言する有名な話だ。戦後、ヴァイニングと言う区立図書館の司書レベルの未亡人が来て、英語教育と言う名の「日本否定教育」を刷り込まれた。「敗戦国の皇太子」と言うアイデンティティーを徹底的に洗脳されたんだ。

今上は、第三次世界大戦が起きて、日本が再び「占領国」になることを死ぬほど恐れているんだ。

その為に、莫大な金額の「天皇名義」の口座から全額引き出して、今のうちに「中国」に亡命しようとしているんだ。

 

スポンサーリンク

 

知っている人もいるかと思うが、平成になって美智子の我儘で、56億円で新築した「新御所」の内部には秘密の地下室や、

皇居外に脱出する秘密通路が複数あると聞いている。間違いなく、万が一の時、今上と美智子は、その通路から

中国大使館内か韓国大使館内に逃げ込み「保護」を求めるに違いない」

私「国民を見捨てて、自分だけ亡命する皇帝や王は許せません(怒)」

元高官「そんなやつ、歴史上、いくらでもいるじゃないか(笑)第一次大戦時にドイツが敗色濃厚となり、飢えに苦しむ国民を見捨てて

自分だけオランダに亡命したヴィルヘルム2世がそうだ。それと、これは戦争とは違うが、国内で革命が勃発したフランス、

ルイ16世とマリー・アントワネットは、国民を捨てて、オーストリアに亡命しようとしたじゃないか」

私「でも、第三次世界大戦が本当に起きるかどうかわからないじゃないですか?」

元高官「それだけじゃない。過去の旧悪が全てばれそうになってるんだよ」

私「過去の旧悪って?」

元高官「①昭和天皇の毒殺、これの実行犯は美智子だが。②香淳皇后の虐待致死③美智子が「口封じ」に殺した無数の人々

ヤフオク事件⑤亡くなった妃殿下のティアラの窃取と国有財産の不法売却等々だ。」

私「でもヤフオク事件で警察は動かなかったじゃないですか?」

元高官「私はその当時の警察官僚の幹部に「何故動かないんだ(怒)」と聞いたら彼は「未だ時期が早い。それに前例が欲しい。

地検が突破口を作ってくれたら有り難いのだが。しかし、限りなくクロに近いグレーだと思っている」と言っていた。

今上と美智子の最大の誤算は、安倍晋三さんの政権がここまで長期政権になると思わなかったことだ。

まあ、その間「戦後70年目の「お言葉対決」」「安保法制の成立」「国連を動かした「女性宮家創立」など、

間断なく、安倍総理に権力闘争を挑んだがことごとく敗れ去っている。戦後新憲法下でここまで「政治介入」の

憲法違反をした天皇は彼だけだ。要するに今上と美智子は、共謀罪も通した安倍政権がこれ以上協力になったら

自分たちも逮捕されると怯えているんだ」

私「でも、皇族の逮捕、ましてや、天皇や自称皇后の逮捕なんてできるのですか?」

元高官「できるよ。1975年のロッキード事件、元総理で党内で圧倒的な勢力を保っていた田中角栄にも、「5億円授受」の疑惑が涌いたが

地検は動かなかった。前例が無かったからだ。そこで人気取りのために首相の三木武夫が、稲葉法相に指示して、「逆指揮権」を発動して

田中を逮捕させたんだ」

私「でも、田中角栄は一私人ではないですか?」

元高官「冗談言ってはいけない。現職の国会議員で元総理、しかも「田中派」は党内の最大の勢力、立派な公人であり、最高権力者ですよ。

同様に、天皇も戦後「人間宣言」をしたということは「公人」です。確かに苗字が無い、戸籍がないという一般市民との違いは有るが

不逮捕特権」にはならない。あのね、現存の法制化で、「天皇、自称皇后、托卵皇太子、創価皇太子妃、自称準皇族小和田一族」を

逮捕できるかどうかを議論しても意味がない。「高度な政治判断」は「法」を超越するのです。

君は「砂川判決」について知っているか?」

私「知っています。「統治行為論」でしょう?」

元高官「何だ知ってるんじゃないか?あの最高裁の裁判長は「「在日米軍」は軍隊ではない」と明言したんだ。

だから、今上以下、腐った内廷皇族たちは、安倍総理が「逆指揮権」を発動しさえすれば逮捕可能だし、立派な前例となるんだ。

その後、憲法改正後、「皇室典範を全面改正」し、「皇族も犯罪を犯しうる」と言う前提で一般国民同様、刑法、刑事訴訟法を適用すればよい。」

f:id:fushimiakimasa:20170629211001j:plain

続く