伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

新台湾論⑫蔡英文総統 台湾に吹くトランプという春風

【台湾】蔡英文総統、台湾に吹くトランプと言う「春風」

f:id:fushimiakimasa:20170616192139j:plain

2016年1月16日に、台湾の「親中国派」の国民党候補を破って、初の「女性台湾総統」となった民進党蔡英文女史です。
私が彼女を知ったのは、2012年の総統選でしたが、「行政経験不足」を疲れて、現職の馬英九に破れました。

f:id:fushimiakimasa:20170616192219j:plain
総統選の直前に中国ウォッチャーの宮崎正弘氏が「眼鏡をかけたおかっぱのおばさん」と称していました。
決して「美人」とは言えませんが、「強固な知性」に裏付けられた「凛」とした雰囲気は好感が持てます。

スポンサーリンク

 

 


彼女の家系は、祖父は客家(はっか)系中国人で、祖母は原住民のパイワン族です。
客家とは、中国大陸の黄河流域に住んでいた漢民族で、「勢力争い」に破れて、台湾を筆頭に東南アジア一帯に進出した部族です。特に東南アジア諸国の「経済と金融」を握る華僑に多いです。


彼女の父はやり手の実業家で、日本統治時代に教育を受けた親日家、晩年は不動産投資で大儲けした台南の大富豪です。
幼少より秀才だった彼女は、台湾トップの台湾大学法学部を卒業し、アメリカの名門、コーネル大学ロースクールで法学修士号、イギリスのLSE(ロンドンスクールオブエコノミクス)で法学博士号を取得しました。

「国際経済法」専門の弁護士です。


戦後の「蒋介石」以来の「戒厳令」「恐怖政治」「白色テロ」から台湾を解放し、台湾を初めて民主化した李登輝元総統のブレーンとなり、頭角を現し、「反中親日」「台湾独立志向」の民進党(日本の民進党と間違わないように)の議員となりました。


2012年の総統選の時は、「未熟者(蔡英文)」と「無能者(馬英九;まえいきゅう)」の戦いと言われ破れましたが今年見事に捲土重来を果たしたわけです。

 

≪必ずしも高くない現在の評価≫


2016年1月の選挙の圧勝、主要市長選の圧勝、台湾議会の民進党過半数獲得と歴史に残る「トリプル大勝利」でしたが5月に新総統になった彼女は「実に慎重な政策」に徹して、「大胆な改革」に着手できません。
その為、今回の選挙を資金的に援助した、在外台湾人から「強い不満」と「抗議」が来ています。
支持率もじりじり下がっているそうです。
残念ながら、仕方ない面もあります。
① 未だ侮れない「外省人」の影響力

外省人」とは、日本終戦後から「国共内戦の敗戦」にかけて、台湾に逃れてきた、蒋介石国民党総統と

国民党敗残兵と軍属その家族たちで、現在、人口約2300万人の台湾の20%を占めると言われます。

人種、民族的には「まるっきりの中国人」です。

我々が考える「純粋な台湾人」とは、終戦までの「日本統治時代」に台湾島に住んでいた。

所謂「本省人」と言われる人たちです。

人種的には、中国の明の時代や清の時代に、対岸の中国の福建省浙江省などから渡ってきた、客家をはじめとする

中国人男性(明、清政府は女性の移住を認めてこなかった)と台湾の原住民(オーストロネシア族、要はマレー系)の女性との

混血人種です。台湾の原住民の女性は非常に美人が多いので、「純粋な台湾人」は美人が多いです。

★要するに「純粋な台湾人」とは、「平地に居住する本省人」+「原住民」のことです。

 

≪43年間の「国民党政治の残滓≫

f:id:fushimiakimasa:20170616180147j:plain

蒋介石が率いる、国民党政治と言っても、蒋介石蒋経国父子による「独裁政治」であり、「戒厳令下の恐怖政治」でした。

その矛先は、本省人に向けられ「弾圧」と「本省人差別」が続きました。

従って、台湾国軍や、官僚、公務員、教員の要職は、未だに「既得権益」として「外省人」が握っています。

 

≪急激な「外省人排除」は不可能≫

総統の権力をもってしても、それは不可能です。何故なら「台湾国軍」の将校たちは皆、外省人ですから、

「クーデター」を起こされてはひとたまりもありません。未だ軍事力・暴力装置外省人が握っているのです。

 

蔡英文を「後押し」するトランプと言う「季節外れの春風」≫

f:id:fushimiakimasa:20170616192456j:plain

アメリカの大統領にトランプが当選してから、風向きが変わりました。

★トランプ、「一つの中国」を否定。

「一つの中国論」=台湾は中国の領土、は国際法でもなんでもなくて、

中国政府が、自国と国交を結びたい国に対して、踏ませる「踏み絵」です。

日本も、1947年の「日中国交正常化」の時に、時の田中角栄総理は、中国側に条件を飲まされて台湾=中華民国と断交しました。

何の根拠もない「慣例」でしたが、トランプが蔡英文と電話会談するときに、彼女を「台湾総統」と正式に呼び

「悪しき慣例」を打ち破りました。中国政府はトランプを非難できる度胸もなく、王毅外相が、台湾を皮肉っただけでした。

★次期大統領トランプは、アメリカの安全保障上、台湾は不可欠の国家として認識したのです。

支持率低迷の蔡英文にとって、これ以上ない「追い風」となるでしょう。

それでは、命式を見てみましょう。

f:id:fushimiakimasa:20170616192611j:plain