伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

新台湾論⑦第四次産業革命と日台経済同盟

第4次産業革命と日台経済同盟

 

f:id:fushimiakimasa:20170616184256p:plain

最近、よく耳にする第4次産業革命とは何でしょうか?
★英語でIOT(interneto of things)で「物と物とのインターネットのことです。
従来のインターネットとは、「人と人とのインターネット」でしたが、次世代近い将来は「物と物、あるいは人とモノとのインターネット」になるという事です。
ちなみに、
第一次産業革命は・・・ワットの「蒸気機関」
第2次産業革命は・・・エジソンの「電気」
第3次産業革命は・・・コンピューターです。

先ず一般的な「概念」について説明しましょう。


★例えば、自動車にナビゲーションシステムが導入されたことによって「渋滞」が解消しました。
自動車にIOTが組み込まれたとしたら、「次元を超えた」飛躍的な機能向上が可能です。

例えば、ブレーキシステムにセンサーを組み込んだとしましょう。
地球の裏側A国で誰かが運転中にブレーキ異常をセンサーが感知したとします。
するとこのデータは日本のサービスセンターに送られ、そこから交換に必要な部品のデータをA国のサービスステーショップに送信
ショップは自動車の所有者に、部品交換の必要性を伝えます。
そして、ドライバーはブレーキが故障する前に、部品交換できるため、重大な事故を起こさずに済み、事故った時の修理費や時間と言うコストを削減することができます。

 

スポンサーリンク

 

 


★また自動車メーカーとしても、いつ、どこで、どのような事故が起きたか、大量のデーターを集積することができます。
この、コンセプトは既に、自動車会社は取り組んでおり、自動車緊急ブレーキシステムや安全な車線変更をアシストする機能を追加するときに
我々がPCでWindowsアップデートをするように、「ワイヤレス」通信でアップデートするようになるのです。


≪IOTが可能になったのは技術進歩が有ったためです≫
① センサーの小型化
② 低コスト化
③ 省電力化
④ 無線技術の進化

によって可能となりました。

★身の回りのあらゆるものに、センサーが埋め込まれ、全てがインターネットにつながることによって、新しいサービス、ビジネスチャンスが生まれます。

 

≪IOTを可能にしたアメリカ青年、テイト・クリストファー氏と「コネクトフリー社」≫

f:id:fushimiakimasa:20170616184431j:plain

1988年のアメリカ人青年、テイト・クリストファー氏は、京都に本拠を置く「コネクトフリー社」のCEOで、IOTに不可欠なIOT通信チップを生産しています。

 

≪「コネクトフリー社」は何故京都に本拠を置いたのか?≫

f:id:fushimiakimasa:20170616184602j:plain

★京都が革新的で独創的な技術を持つ企業の「集積地」だからです。

★しかもオンリーワン企業が多い。例えば・・京セラ、ローム任天堂、ワコール、堀場製作所村田製作所など

★クリストファー氏は「日本の製造業の復活」を信じています。

彼は「日本の技術力は高い、もう一度社会インフラの面で世界に打って出るチャンスが有る。」と述べています。