読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

【辻元₋ナル・ゲート事件②】関係者の不審死、無限拡散

①からの続きです。 

≪辻元、嘘を認めるも、関係者の造園業者の社長は「不審死」≫

f:id:fushimiakimasa:20170402212306j:plain

辻元は、メールが公開されてから、「塚本幼稚園には言っていない」と嘘をつき続けていましたが、玉木らと幼稚園に言っている写真が公開されると、一転して、記者会見して「塚本幼稚園に言っておりました」と前言を翻しました。要するに嘘を認めたわけです。

籠池夫人も、「辻元が嘘の証言をさせるために工作員として忍び込ませた男は、辻元と親しい「関西生コン」の人間でした。」と断言しています。

 

スポンサーリンク

 

「関西生コン」とは、正式には「連帯ユニオン関西地区生コン支部」のことです。

長たらしいので、二つに分けると、「連帯ユニン関西地区」と「生コン支部」です。要は、生コン関係で働く労働者を保護するユニオン(組合)です。

しかし、頭につく「連帯ユニオン」の活動目的には度肝を抜かれます。下記に項目を挙げますと、

辺野古新基地建設反対
原発反対
共謀罪反対
• 在日コリア差別反対
• TPP反対
★要は、極めて「反体制的」「反日的」「破壊的」な「極左集団」です。「連帯ユニオン」は加盟する生コン会社から集めた会費で、上記の活動をする工作員を応援するのです。

辻元自身も、過去に「連帯ユニオン」に1千万円寄付していますが、沖縄の辺野古基地の建設現場で「テコンドー」のパフォーマンスをする、若い男の集団がいるそうですが

彼らは「韓国の「反日」大学生」です。連中の旅費や宿泊費、食費まで出してやっているのです。

「関西地区生コン支部」の部長のTと言う男は、辻元と非常に親しい中で、おまけに、前科もあります。

「連帯ユニオン」に加入することを拒否した、土建業者の事務所に車で突っ込んで、怪我をさせ、実刑を喰らっています。

★もっと気持ち悪いのは、マスゴミに、嘘の供述をした辻元の手下の工作員の雇い主の造園業者の社長が、かつて雇っていたその男についてインタビューを受けた翌日に

市役所のトイレで「不審死」していることです。遺書も外傷もないことから、警察は「自殺」で処理したそうです。

 

≪メールの中の辻元の記載については「報道規制」を強要した民進党 

民進党は、メールの中の辻元の記述については「デマ」だから「絶対報道するな」と民放キー局や全国紙に強要したそうです。

マスメディアの意地を通して報道したのが産経新聞と、スポニチだけです。しかも民進党はその産経新聞を告訴する勢いです。

★「ブーメランで大怪我する」のは、民主党以来、民進党お家芸です。

過去にも、2006年に民主党を崩壊寸前に追い込んだ「永田メール事件」と言う有名な事件が有りました。

東大卒→大蔵省出身のエリート議員の永田氏が、ある「事件屋」から、「ガセメール」をつかまされて、彼自身が国会で当時の武部幹事長を追求し途中で「ガセ」であることに気づいて、国会が紛糾しました。その責任を取って、当時の代表の前原誠司は辞任して、永田議員は議員辞職して実家に帰りました。

ショックで精神を病んだ永田議員は自殺し、その後、前原が永田議員の実父に形ばかりのお詫びに行っています。池田大作の御落胤は冷たいものです。

 

今の民進党幹部は、当時若かったけど全員そのことを知っているから、当時の恐怖が蘇って怯えきっているのです。

永田メール事件」の時は永田氏が若手にやらせようとして断られたので、自分が指揮

官も兼ねて、国会で追及したのです。

今回も指揮官が玉木で東大→大蔵省だから、永田氏とキャリアが同じです。妙な因縁を感じます。

★しかし、間もなく巨大ブーメランが帰ってくることは間違いないし、そのブーメランで、一瞬にして「民進党が蒸発」することもあり得るでしょう。

 

 

民進党が恐れるのは北朝鮮の砂利利権」≫

公安調査庁第二部長の菅沼光弘氏が、近著で述べていましたが、「対半島外交」については、「拉致問題」や「核ミサイル問題」が無ければ、資源も何もない韓国よりも、北朝鮮と国交回復を望む企業や組織が多いそうです。

何故なら、先ず、大日本帝国が戦前に建設した水豊ダム(スープンダム)はアジア最大の水力発電所で、電気代が物凄く安いんです。

それで、製造過程で、電気を大量に食うアルミ産業が狙っています。例えば三井アルミとか。日本のアルミ業界は2度のオイルショックで電気代が高くなり皆海外に移転したのです。

後、北朝鮮北部には、埋蔵量世界一と言われる「ウラン鉱床」もあります。

★しかし、何と言っても、日本の企業がすぐ欲しいのは「北朝鮮の良質な河砂利」です。

私など小学校の頃は市内の土建屋さんのことを「砂利屋」と呼んでいました。

何故なら、そのころは、道路をミキサー車と言って、回転しながら、「セメントと砂利」を撹拌する車がよく走っていたものです。

また、休みに友人と、自転車で市内の河を遡って、上流に遊びに行くと、川なのかに大きな中洲があって、土建屋さんが、よく中洲の河砂利を採取していました。

★セメントと河砂利、どちらが重要でしょうか?セメントは大手のセメント会社からいくらでも安く買えます。

しかし、「良質の河砂利」は製造できません。見つけて採取するしかないのです。

菅沼氏に言わせると、日本は戦後、アジアで一番先に高度成長し、バブルがはじけた後も、景気対策で何度も公共事業で「ハコモノ」を大量に作ってきました。

それで、日本中の河川の良質な河砂利は全て取尽くしてないそうです。それで仕方なく、海中の砂を採取して「脱塩」して使っているそうですが、やはり、海の砂だと脱塩してもコンクリートが早く腐食が始まるそうです。韓国も経済成長し、東南アジアは成長の真っ最中でインフラ建設に砂利を買っているところです。

中国も、「見かけの経済成長」を続ける為、大陸全土に無人の高層マンションを建てまくっています。

★こうして見ると、アジアで手つかずの「良質な河砂利」が豊富なのは北朝鮮だけなのです。

 

≪1990年金丸訪朝≫

f:id:fushimiakimasa:20170404175538j:plain

バブルがはじけた年に、当時の自民党の「キングメーカー」で「ドン」の金丸信は、親しかった社会党委員長の田辺誠の伝手で、訪朝しました。

金丸は、人たらしの金日成にすっかり丸め込まれて、翌年1991年の日韓地位協定覚書で、在日韓国・朝鮮人に所謂「特別永住許可」を与える密約をしました。

時の総理は、火星人の海部俊樹でしたが、事実上の総理総裁は金丸信でした。海部もその下の中山外務大臣もパペット(操り人形)にすぎなかったのです。

★そして、この時、「建設族土建屋から政治献金を貰う」だった金丸は、金日成と交渉して、「河砂利」の密輸入を決めたのです。

勿論、国交もないので、違法な「密輸」となり、実際に「北」の違法船から「砂利」を受け取り、国内で使用する作業は、ヤクザや同和団体になります。

実際、金丸は帰国後、海上保安庁の幹部を呼んで、「日本海で不審船を見つけても追跡するな」と指示までしています。

当然利権ですから、大量の砂利を換金した後の現金の何割かは金丸のポケットに入ります。

この利権は、1993年に金丸が議員辞職した後は、竹下登へ、竹下さんが病没した後は、野中広務さんに引き継がれたそうです。

野中さんですから、砂利の多くは同和系の土建会社に行ったものと思われます。

「砂利利権」の話がでた瞬間に小沢一郎さんの名前も出ましたから、2004年に野中さんが政界引退した後は、小沢さんに利権が行ったのかもしれません。

だとしたら、小沢さんは長い事民主党の幹部でしたから、小沢さんが離党した後、その利権は民進党の幹部の誰かが握っているかもしれません。

小沢さんと同時に石破茂氏の名前も出ました。選挙区が日本海側の鳥取で、在日も多いところですから、彼も利権の一部を握っている可能性が有ります。

そう言えば、「森友問題」が火を噴いた時に、総理を背後から撃つような気配が有りました。

 

≪究極のブーメランで、解散してもしなくとも民進党壊滅≫

安定した安倍政権の強さ、着実に法案を通す安定ぶり、片や民進党蓮舫の「二重国籍問題」もうやむやにしたまま。

今回の「森友騒動」でも、政権の支持率は下がっていません。ただ、他の先輩ブロガー達が厳しく指摘した昭恵夫人には、今後は自重を期待したいと思います。

★「辻元メールブーメラン」が出る前も民進党の支持率は4.3%でした。辻元に何かあって解散されたら「民進党は空中分解」すると思います。

③へ続きます。

f:id:fushimiakimasa:20170404175931j:plain