伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

余命三年時事日記との抗争(71) 2016年04月09日【ダヤンレポート】その⑦

※2016年03月より半年にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。

【片目のダヤン】 2016年04月09日

【ダヤンレポート】その⑦

f:id:fushimiakimasa:20170301192234g:plain

その詳細も要求されたので、「我々インドに投資するために日本から来たサムライだ(We’re here to make investments and come from Japan with a heart of Samurai)」。

すると、その係官はニッコリ笑い、ここにパスポート番号・氏名・住所・宿泊先・渡航先を書けと、用紙を差し出す。

また、各人日本から持ち込んだ証明写真(パスポート用の写真サイズ)2枚も同時に提出。これで、ビサ(査証)の取得完了。
その支払(4名分)を終えた企業の役員(財務担当)曰く、「XXさん(私の名前)、凄いですよ。
日本でビザ(査証)取得するよりも三割以上安いですよ」とか。インドの入国では、必ずビザを要求されるので、英語力に自信がある方は、現地でこの査証を取得するのがベターかも。但し、自己責任で願います。
ISSUE AT OWN YOUR RISK。東京は、文京区茗荷谷にインドビザ(査証)センターあり。

スポンサーリンク

 

 

外務省の方々へ。

多分、諸外国がインドへのビザ(査証)廃止要求をしていなから、日本もその動向に同調している。
でも、それじゃ、外交官の「名」が泣くじゃないですか?

省内のセクハラやパワハラを一時停止にして、早速、インド外務省に「日本人のみのビザ廃止キャンペーン」に向けて、動いて下さい。

えっ、そんなことできない?

前例がないから(an unprecedented case)?

事務次官からも指示されていない?旅行者からの要望もない?

 

私は、こう反論します。

それじゃ、18世紀のイギリスは、前例があることをしましたか?彼らは、前例がないことをしたからこそ、19世紀まで、世界の七つの海を支配できたじゃないですか!違いますか?イギリスのご留学で、一体全体、何を勉強したのですか?
不慣れな英語で、級友からノートを借りてコピーして、それをソノママ答案に書いて、終わりですか?

もう、再現復元能力を試す時代では、ないのです。止めて下さい。外交史をご専攻する前に、高校の数Ⅰ・数Ⅱ・数Ⅲをもう一度復習して下さい。あと、物理ⅠとⅡも。

 

また、私は、貴方達との奇妙な縁があります。

学生の時に、自分の英語力を試したくて、日米英会話学院(当時)に入学しました。
偶然にも、筆記試験の結果が良く、上級者セミナーに属しました。その生徒の大半は、同時通訳者を目指す方と各省庁から。その役所でも外務省が一番多かった。

ある時、日本人を小バカにしているアメリカ人男性講師が、お宅の職員(推定40代)にこう質問しました。「どこのテレビ局が一番、視聴率が高いですか?(Who has the highest TV viewer ratings?)」

すると、このデブの中年男。この質問の意味さえ理解できなかったのか、終始、ニヤニヤ・ニタニタ・ムラムラして無言。
かなり、気味悪い(uncanny)。隣に座っていた私が、助け船を出して、NHKと紙に書いてあげたのに、それも無視。
挙句の果てには、顔から噴き出す汗をハンカチで拭うのではなく、ピンクレディーの下敷きを団扇換わりにして、乾かし始めた。季節は梅雨の最中。これがクサイの何の。この年の8月に行く、インド人の体臭顔負け。
とても人間のニオイとは思えない。外務省こと伏魔殿(とても素敵な表現)が放つ特有の異臭ですか?

やはり、田中眞紀子さんは、父親同様、文才があった。

 

それと、クサイ話をもう一つ。

サラリーマンになって、船会社の同盟(コンソーシャム)の懇親会にお宅の女性職員
(推定30代)が現れ、勝手に私たちの「輪」に入り、タイムミングをかなりヅラしたガハハの笑い。
そして、残留物は、安い香水と強いワキガ臭が入り混じった超悪臭だけ。お宅の省は、体臭がキツイ順に入省させるのですか?

だから、未だに元祖朝鮮体臭男の小和田恒の強い影響下・管理下にある。その当時、船会社の人間は、外務省ではなく、「体臭省」と呼んでいました。

残念ながら、その記事録は残っていませんが。この確認は、当時の外船部会と邦船部会へどうぞ。

お宅の省に、「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」は、永遠にないでしょうネ。意味は、辞書で調べて下さい。
出来れば、省費で購入したものでなく、自費で購入したモノ。理由は、ご自身の特有の手垢とニオイがタップリ染みついているから。
ご自宅の枕と布団と同じ。この体臭省の小まとめは、英語力について。以下の意味の違いが判りますか?

(a) They forced to labor.

(b) They forced to work.

(a) は、賃金「あり」の強制労働。

(b) は、賃金「なし」の強制労働。昨年、厄介な韓国からの恫喝で、(b)に変更させられましたネ。

それも土壇場で(at the eleventh hour)。お着替えの洋服・下着と消臭剤は、ちゃんとご用意されましたか?

 

これは、悪名高い厄病神兼体臭のキツイ韓国人への外交上、必要最低限の儀礼的エチケットと解釈できます。日本のおもてなし。

でも、その後に、ご一緒にボシンタン(犬鍋)を囲んだりして。えっ!何しろ、外務省は、在日朝鮮・韓国人の最後の隠れた「巣窟」「約束の地」ですから。

これこそが創価大学出身者の方々―が1977年以降異常に増えた理由。

池田大作先生もお熱い地獄の業火と戯れながら、祝詞ではなく「おきょう」を唱えています。漢字のルビは、忘れずに。

 

私が、言いたいことは、一部のキャリア官僚を英会話学校に行かすのではなく、職員全員で「公文式英語塾」に通って、小学生と一緒に「アルファベットの書き方」から学んで下さい。

でも、あの高名な英文学者と同じ大学の方が大臣でいる限り、土台無理かも。次の候補者は、民間から。なお、外郭団体のジャイカ(JICA)等も不可です。お忘れなく。