伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

余命三年時事日記との抗争(64) 2016年04月08日 余命ハンドブック、アマゾン売れ筋ランキング100位圏外

※2016年03月より半年にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。 

【余命三年時事日記】

553 2016年4月1日時事

f:id:fushimiakimasa:20170228233324j:plain

425の投稿に際しては、なりすまし防止のためのチェック用に6桁英数字をお願いしているが、ない方がいる。安全のために必ず付記されたい。

o
すでに書籍の方は何の問題もなく購入してあったのだが、多忙につきなかなか拝見できる機会がなかった。 昨日、東京へ出掛ける用向きがあったので、往路・新大阪~東京間で<余命三年時事日記>を、復路・東京~新大阪間で<時事日記ハンドブック>をようやく読了することができた。 
 義理が果たせてやれやれであるが、ともあれ余命プロジェクトチーム諸氏の労を多としたい。
 日本と朝鮮半島近現代史を語る入門書としては、これに勝るものを目にしたことはない。在日問題にも真正面から斬り込んだ内容は比肩し得るものすらない。
 まさにこれこそが<正史>であって、すべての日本人は必読の要がある。さらに本書をよく理解し行動する義務もある。その義務が果たされた先に、ようやく戦後が訪れる。 

(以上)

586 2016年4月9日時事

田舎
ここに投稿して正しいのか分かりませんが一応。
既出でしたらすいません。
JR秋葉原駅アトレ内の三省堂、ハンドブック、余命本ともにレジ前の目立つコーナーに置いてありました。恐らく10冊ほど?並べて石原慎太郎氏の本も。左翼系のは置いてあらずでした。

taka
[余命本有無の報告]
場所:京急百貨店・上大岡駅 6F 八重洲ブックセンター
住所:神奈川県横浜市 港南区上大岡西1−6−1
保守系コーナーに余命三年時事日記・余命三年時事日記ハンドブック共に平積みされていました。その他小坪しんや議員・ケントギルバート氏らの本、サヨナラパヨク等ひとしきり揃っていた模様。

保守ねこ
東京駅前のオアゾにあるMaruzen丸の内本店を確認したところ、余命第一弾は1冊のみ、ハンドブックは在庫なしでした。
 話題の新刊コーナーにも並べてないし、平積みもしていません。あれだけの規模(1Fから4Fまであります)を持つ本屋でこの在庫状況は異常であり、店側の「余命は売りたくない」という強い意図を感じます。
 余命第一弾発売当初に確認したときには在庫なしでしたから、追い詰められ少しは譲歩したのでしょうが、往生際が悪いです。

讃岐うどん   
余命爺様、余命スタッフ様、日々ご苦労様です。
初めて投稿します。
 地元の書店は、宮脇書店総本店、本店、支店42店舗です。県外は、直営店フランチャイズ店260店舗です。私は余命本、HBを宮脇本店Amazonで購入。余命2は宮脇本店Amazon(予約1位)で予約済みです。総本店の電話対応では、(お店に置いて無い場合は、注文頂いたら取り寄せます!!)との事でした。 
 市内図書館に蔵書確認をすると、余命本は貸し出し中だがハンドブツクは無いとの事ですので、余命本とハンドブツクを寄贈したら喜んでいただきました!!余命本2も寄贈約束しました!! 
 讃岐うどん店は県内に約850店舗ですが、多くはセルフ店舗です。
セルフとは、オーダーして薬味トッピング(天ぷら等)して会計を済ましてから、席でいただきます。   
 私が行くセルフ店は、県外の方にも、名の知れた有名店です。私は先に余命ハンドブツクを席に置いてから、オーダーして席でいただきます。その後器を返却してから余命ハンドブツクを、持って店を出ます。余命ハンドブツクが、多くの方に知れるようにしております。 
 これが、私の余命本ハンドブツクの拡散です!!!   (讃岐うどん

 

スポンサーリンク

 

 

【伏見顕正】 2016年04月08日

【驚愕】余命ハンドブック、アマゾン売れ筋ランキング100位圏外に、無限拡散

f:id:fushimiakimasa:20170228232743g:plain

朝から、90位や。91位だった「余命三年時事日記ハンドブック」が、遂に、100位圏外に去りました(笑)
3月17日発売で、一か月もたたないうちに、大気圏外に脱出するように、100位圏外に消えました。
余命爺が、信者には3冊買うように指示して、2冊は、会社で配れとか、近くの図書館に進呈しろとか、大笑いですね。
レビュー数は、190ですが、たいして売れていないと思います(笑)


高評価レビューも、信者=工作員がID使いまわして、かさ上げしてますしね。
騙されて、買って読んだ人は、内容に腹を立てて、レビューを書かないと思います。
「正義感にかられて、低評価レビューを書いた人」は、「余命真理教の狂信者」から、罵倒の荒しです。
まさに、カルト「余命真理教」の真骨頂です。
全国で、千冊も売れたのかな?信じられないな。
私が、こう書くものだから、余命ブログには、「どこの馬の骨」ともしれない信者達が、どこぞの田舎町の、個人書店で、何冊おいているか見たとか、まるで、「幽霊を見た話」の連発。


≪呆れた≫
金の亡者、余命爺は、5月に「余命時事日記2」を性懲りもなく出版するそうです。
★出版してもいないのに、既に、アマゾンでは画像すらないのに「ベストセラー1位」と打っています。
今の余命ブログは、どこの婆さんか、爺さんかわからない連中が、内容の無い投稿を繰り返し、キチガイ老人が、能書きを垂れる「まさに、精神病棟での雑談室」です。
あれを、そのまま、本にするんですよ。著者のみならず、出版社もとち狂っているとしか言いようが有りません。
1冊目・・・レビュー数、680個
ハンドブック・・・・・・190個
時事日記2・・・・・・・?何個になるのでしょう。
ノルマで買わされる、信者が哀れですね。
★良く考えたものです。「余命真理教、精神病棟での雑談」では、まるっきり嘘ですから、間違いを指摘しにくいです。

以上