伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

余命三年時事日記との抗争⑩2016年03月18日【モサド(ダヤン氏)2】余命ブログ一派の黒幕の正体について

※2016年03月より半年にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。 

【片目のダヤン】2016年03月18日

余命三年時事日記の正体2 

f:id:fushimiakimasa:20170217210617j:plain

伏見様、暫しのご無沙汰でした。

片目のダヤンは、一時帰国とさせて下さい。

最近の余命ブログの調査・追跡記事。
これは、アメリカのピューリッツァー賞に匹敵するほどの読者に目を開かせる(eye-opener)記事で、正に、貴殿は、慧眼の士の殿堂入りと、思料します。

そして、ここ数日、記事を読み終え、ある種の感慨に浸りました。

スポンサーリンク

 

 

結論を言います。

この余命ブログの黒幕の正体は、複数の成り済ましの在日朝鮮人でも中国の朝鮮族でも池田大作(ソン・テジャク)亡き後の第二創価学会準備室でもない「中国人民解放軍総参謀第二部」こと『総参謀情報部』がそのシナリオを書いています。

f:id:fushimiakimasa:20170219145153g:plain

理由は、余命ブログが我が国のB層やD層(英語名:SHEEP1 & SHEEP2)に接触するパターンがA層やC層(英語名:PIPER1 & PIPER2)から出されているからです。

これは、諜報界の古典的なアプローチ方法。

その筋に長けた者なら、誰でも知っている既存の事実。

 

ここで、笛吹きことパイパーは、「民衆に対し、巧にシナリオを誘導する者・団体」。

f:id:fushimiakimasa:20170217211008g:plain

羊ことシープは、「その巧なシナリオを疑いもなく素直に受け入れる大衆・民衆」と、捉えて下さい。

f:id:fushimiakimasa:20170217211017g:plain

双方とも諜報界の隠語。
なお、マトリクス(メイトリクス)は、複数の意味あり。
題名:諜報界マトリクス(Espionage Matrix)・四分割
――――――――――――――――――――――――――――――――


A層(PIPER1)  

f:id:fushimiakimasa:20170219153926g:plain      

IQ:他よりも高いと思っている         

人数:他よりも少ないと思っている       
収入:他よりも高いと思っている        
● 勝ち組企業                
● 大企業管理職               
● 大学教授                


B層(SHEEP1)  

f:id:fushimiakimasa:20170219153218g:plain             

IQ:他より低いと思っている         
人数:他よりも多いと思っている        
収入:他よりも少ないと思っている      
● 高齢者                 
● 若年層                 
● 主婦層                 

 

C層(PIPER2)

f:id:fushimiakimasa:20170219152944j:plain

IQ:他よりも高いと思っている

人数:他よりも少ないと思っている

収入:他よりも少ないと思っている

● 極右翼運動家・支持者

● 極左翼運動家・支持者

● 熱狂カルト教団・狂信的信者

 

D層(SHEEP2)

f:id:fushimiakimasa:20170219153034g:plain

IQ:他よりも低いと思っている

人数:他よりも多いと思っている

収入:他よりも低いと思っている

● 低賃金労働者

● 求職中・休職中

● 無党派層

 

1. A層は、C層にほんの少しだけ親近感を持っている。
2. C層は、A層に強いあこがれ意識を持っている。
3. B層は、D層を馬鹿にする傾向がある。
4. D層は、世の中の仕組みをよく理解していないと思っている。
5. A層は、自分たちが世の中の上位に属していると思っている。

6. A層は、B層とD層をあまり利口と思っていない。
7. D層は、B層を自分たちの仲間と思っていない。
8. B・C・D層も誰もが、A層の住人になれると思っている。
9. A層の住居は、B・C・D層と違う場合が多い。
10. A・B・C・D層の共通の友人はいない場合が多い。

 

このマトリクス(メイトリクス)は、前回言及したモサドの極当代表から、1990年代半ばに教わりました。
その場所は、日比谷帝国ホテルの地下のバー。

f:id:fushimiakimasa:20170217211229g:plain

その当時、CIA職員の友人が無数にいると豪語していた国際ジャーナリストの落合信彦やその他の陰謀ルポライターは、ホテルオークラやニューオータニに各国情報機関のアジトがある等、まことしやかに語っていましたが。

実は、このバーがアメリカ・イギリス・ドイツ・ロシア・フランス・イラン・イラク
中国等諜報部員の連絡場所。モサドの諜報部員は、このバー・場所を「虚栄の市(Vanity Fair)」と呼んでいました。

 

その切欠は、モサド入省後、「新人研修」はどうなっているの?に対しての私の質問でした。

実は、彼に会う前の私の諜報部員のイメージは、銃やライフルの使い方。小便を入れたダムダム爆弾やプラスチック爆弾の作り方。そんな感じでした。

これらを言うと、「イアン・フレミング(007の作者)の読み過ぎだよ。早く、現実の世界に戻らないといけない」と、諭されましたが。

 

彼によると、このマトリクス(メイトリクス)は、独裁国家(例えば、北朝鮮やイエメン)でも十二分に応用できるとか。

それで、この原型概念は、第二次世界大戦中にドイツがヒトラーの命令の下、ロンドン市内に落したV-2ロケットミサイルの報復として、MI-5の前身であるイギリス情報部が考案したとされています。

 

X女史もご存じのローリング・ストーンズの「ジャンピング・ジャック・フラッュ」。オレは、度重なるハリケーンの中、ロンドンで生まれて、歯なしのお祖母ちゃんに育てられた。そのハリケーンがV-2ロケットを暗喩しています。

恐らく、そのミサイルは、ロンドン市民を恐怖のどん底に陥れたのでしょう。そのミック・ジャガーの家族は勿論、B層(SHEEP1)又はD層(SHEEP2)に属していた。

また、自分の過酷な幼年時代を振り返って、D層(SHEEP2)の苦悩を綴ったジョン・レノンの「ワーキング・クラス・ヒーロー」。

労働者階級の英雄になることは、とても大変なことなんだ。これは、岡林信康の「山谷ブルース」に通じるところがあります。


♪今日の仕事は辛かった。あとは、焼酎をあおるだけ♪。


≪補足説明≫
中国人民解放軍総参謀部第二部とは、中国人民解放軍総参謀部の軍事情報機関。総参謀部情報部とも称される。
情報参謀系統を通した情報活動の外、HUMINT(ヒューミント=スパイ)、公開資料源の分析、駐在武官の管理を行う。
SIGINT(シギント=ネット空間での謀略工作)については、総参謀部第三部が管掌する。
瀋陽分区 – ロシア、東欧、日本の情報収集。瀋陽は、旧満洲地区、朝鮮族が多数居住する。

*写真は中国人民解放軍のバッジ

f:id:fushimiakimasa:20170217211420p:plain


★余命一派は、「中国国籍の朝鮮族」だから、当然ながら、中国人民解放軍に忠誠を誓う。

f:id:fushimiakimasa:20170217214248j:plain