伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

余命三年時事日記との抗争①2016年03月12日(6)余命は中国朝鮮族

※2016年03月より半年にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。  

【伏見顕正】2016年03月12日(6)

【緊急警告】日本人よ、騙されるな、「余命ブログ」3代と、スタッフは皆朝鮮人だ(怒)無限拡散

f:id:fushimiakimasa:20170224175701g:plain


例前から、胡散臭いと思っていた「余命爺」と一族、スタッフ達の正体が割れた。3月17日発売予定の、余命3年時事日記」に予約注文入れた人はすぐキャンセルされたい。
騙されて、「余命三年時事日記」を購入してしまったものは、読み終わったら、Book Offに売却すること。

スポンサーリンク

 


「正体」をひたすら隠そう隠そうとしてきたのは、「在日」の妨害ではなく、「日本人を騙すため」だったのだ。
「日本人として誇りのある人」は、すぐ、ブックマークから消して、読者を止めなさい。
★「余命3年時事日記」のプロフィール欄より
初代余命三年プロフィール
H/Nは「かず」。国語、ロシア語の会話・読み書きとも、堪能な父と、ソウル生まれ、
ソウル育ちで朝鮮語と中国語が得意であった母との間に満洲で生まれ、育つ
・・・中略・・・ブログ開設当時、大学生以下18人も子供がいた。
現在ブログは余命プロジェクトチームが引き継いでいる。
注:国語は中国語である。あえて、「日本語」と言わないところが味噌(笑)

 

★母親は、確実に朝鮮人。何故ならば、戦前、朝鮮半島に日本人はいたが、
公用語は「日本語」、日本人は男女とも、朝鮮語は、話すことも、学ぶ必要もなかった。
朝鮮人も机を並べる「国民学校」も日本語教育がほとんどで、「朝鮮語」の使用は、大東亜戦争、勃発前に禁止された。
父親は、ロシア人と朝鮮人の混血。日本人で18人もの子だくさんはいない。朝鮮族は一夫多妻制。


≪結論≫
余命3代とそのスタッフは【満州育ちの朝鮮族

Wikiより
朝鮮族は、中華人民共和国の民族識別工作に由来し、少数民族の一つと定義されている。 中国の国籍を所有し、
かつ中国戸籍法に基づく戸籍上の民族欄に”朝鮮”と記載されていることが朝鮮族と見なす条件である。


≪解説≫
要するに、戦前、日本が「満州国」を成立させた時に、食い詰めた半島朝鮮人達が、田畑を求めて、満洲に大量に流れ込み、今の吉林省、延辺周辺に住み着いた。現在「朝鮮族自治区」となっている。
経済発展した韓国に、底辺労働力として、流入したが、犯罪が多く、韓国ではま全羅道出身者同様、差別を受けている。
★「余命の読者」には、B層(低知能層)が多いから、こう赤裸々に、経歴を書いてもばれないと思ったんだな。「日本人」を舐めて馬鹿に仕切っているのだ。
読む人間が読むとばれるとは思わなかったのだ(怒)
3代目の「死にぞこない老人」と、読者を仕切っている「豆腐おかか」、プロジェクトチーム全員、朝鮮族朝鮮人だ。


朝鮮人のくせに、「保守分断」とは、片腹痛いわ(怒)お前に「保守」を語る資格はない(怒)


【皇室批判を許さなかった理由】

美智子を筆頭にほぼ全員朝鮮人だから。

「皇室掲示板」では、今上も「朝鮮人疑惑」をかけられている。
だから、秋篠宮批判をしても、文句は言わなかったであろう(笑)

「余命族」は同胞だからね(笑)


創価批判から逃げた理由】

創価池田大作を筆頭に、3千人の教団幹部は皆、朝鮮人。信者にも在日が多いから。
それと、余命爺は臆病者だから、創価の報復が怖いのだ(笑)


「余命の狙い」

国保守日本人の目を、「皇室の危機」から、眼をそらさせる為。
究極の狙いは、「徳仁即位」と「愛子の影子の女性天皇即位」
余命のクズ子分たち・・・「大和心の回帰」とやめ共(日教組崩れ)のなでしこりん。二人とも朝鮮人確定。

f:id:fushimiakimasa:20170224175813j:plain