伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

余命三年時事日記との抗争①2016年03月12日(5)豆腐おかかへの警告

※2016年03月より半年にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。

スポンサーリンク

 

【伏見顕正】2016年03月12日

【警告】朝鮮人「豆腐おかか」に、謝罪、サイト「待ち望むもの」の閉鎖、ツィッターの不使用を要求する


例事の発端はこうだ。

或る晩、「私の悪口」を言っている奴がいないか?検索で、パトロールしていたら、案の定、「余命」がヒットしました。
やっぱりな(笑)ということで、見てみると、何とH/N「日本大好き」と言う男が、私が、8年前、に連載した、「小泉純一郎を斬る」シリーズのリンクを貼っていた。誹謗中傷しているのかと思って、見ると、驚くことに推奨していた。

余命も削除せず、承認しているのに、びっくりした。

私を嫌ってるはずのあの糞じじいが、不思議だなと思った

そしたら、そこに出てきたのが、「豆腐おかか」だ。

リンクをチェックして、拙ブログだという事がわかると、強烈に、私のことを誹謗中傷し、返す刀で「日本大好き」と言う男を罵倒して、リンクを外すように圧力をかけたのだ。
哀れにも「日本大好き」は圧力に負けて、謝罪させられたが、余命爺は、許さず、謝罪文は、削除された。

その代り、その謝罪文は、「豆腐おかか」が、自慢げに自分の糞ブログ「待ち望むもの」に晒している。朝鮮人らしい残忍さだ。


余命が、私を敵視していることは、昨秋から、わかっていた。

私が唯一保守ブログと認める某氏のブログが、拙ブログにリンクを貼ってくれていた。
有るとき彼のブログを拝読したら、妙な文章が書いてあった。要は、私のブログと、「BBの覚醒記録」の2ブログをリンクから、はずせ、と圧力がかかったらしい。
彼は、毅然とした立派な男だから、両ブログをちゃんと、検証したうえ、その結果を記事にして、「リンクは外さない」と回答した。
私は、直感的に、圧力をかけたのは、「余命の爺」だと分かった。彼の、圧力をかけた本人についての記述で、「余命」しかないという結論に至った。


「豆腐おかか」よ、よくも薩摩隼人を怒らせたな、この朝鮮人め(怒)お前が「誠意」を見せない限り、「タマ」とってやるぞ(笑)
*写真は薩摩隼人 

f:id:fushimiakimasa:20170224174845g:plain