読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

スポンサーリンク

【皇太子徳仁親王】(前)東宮様、即位は非常に難しい、転載フリー

2015年10月21日

皇太子徳仁親王

東宮様、

即位は非常に難しい

f:id:fushimiakimasa:20161207090128j:plain

皆さんお元気ですか?

今日は東宮様です。皇室問題に影響力の強い方から順に、再検証していきます。今上陛下は、「女帝様(皇后様)」の尻に敷かれてハッピーな方なので、順番は後になります(笑)

 

この方、評判悪いです。

おつむが弱いことは、前から、拙ブログの学習院関係者の方から、多数情報が寄せられています。長い学習院生活でついたあだ名は「ケツ2」、常に、クラスでびりから2番目の成績を維持するのがやっと。

東宮様の小学校からの成績不振は、「女帝様」を大いに嘆かせて、全科目に家庭教師をつけるも、効果なし。皇室での皇太子の不文律は、絶対に【学習院政治学科】に進学することだそうです。何故なら、天皇に成ったら、政府から上がってくる様々な書類

を決裁しなければならないからです。しかし、東宮様の成績不振は、回復せず、政治学科には進めず、やっと【史学科】に滑り込んだそうです。

それを知った昭和天皇は非常に激怒されたそうです。まあ当然ですね(笑)

余談になりますが、戦前の昭和天皇は、戦後の天皇の決済業務とは比べ物にならないほど多忙でした。一つは、大元帥ですから、陸海軍の将校の昇格の決済もしなければならなかったのです。

面白いのは、昭和天皇が昇格に際して、どうしても、ハンコを押すのを嫌がった二人の有名将校がいました。一人は石原莞爾中将で、もう一人は長勇中将でした。

石原莞爾は、山形県の人々は知っていると思いますが、満州事変をほぼ独力で企画し、実行に移し満州国を成立させた天才参謀でした。東条英機と対立し退役に追い込まれた。戦後GHQの事情聴取で「私が采配をしていたら日米戦は日本が勝っていた」と

証言した。

長勇(ちょういさむ)は、福岡県出身で参謀畑で着実に出世しながらも、南京陥落で捕虜になった中国兵を「やっちまえ」と処刑を命じて、松井石根(いわね)大将から注意された。沖縄戦で割腹自殺した。

昭和天皇は、長勇が、中国戦線から沖縄戦に転勤になるとき「あんな、乱暴者をやって大丈夫か?」と陸軍大臣に危惧の念をおっしゃたそうです。頭脳明晰な昭和天皇は、陸海軍の将校たちの、実績や性格を一人一人覚えていました。

ただ、実力はあっても、組織の和を乱す者を嫌い突飛なことをせず、組織を維持するのが得意な、東条大将を大変気に入ってらしたそうです。開戦直前、近衛文麿首相が政権を投げ出した時に、東条さんを首相にしたのは、昭和天皇と木戸内大臣でした。

 

戦後、側近に、東条首相について愚痴ったりしたのも、A級戦犯とかではなく、「戦争に負けた責任」をといたかったのだと思います。

話しが長くなりましたが、戦前の昭和天皇は驚くほどの決済事務を行い、それは、それは激務でした。海洋生物学者として「ヒドロゾア」の研究を始めたのも、戦後、軍部が無くなり、時間に余裕ができたからでしょう。

仮にでも、東宮が昭和天皇の職責に有ったら、3日も持たずに職責を放棄していたでしょう。そして、今の今上陛下も昭和天皇に比べて楽をしていると思います。

 

スポンサーリンク

 

東宮の不文律については、秋篠宮殿下は余裕で政治学科をクリアしています。

亡くなられた三笠宮の三殿下もクリアしているはずです。皇位継承賢者の男性皇族で、【史学科】卒は、東宮様だけだと思います。

私は、この時点で、皇位継承権を失っていると思います。勉強ができなければ、クラスでいじめに遭うのも良くあることです。

 

何か月前に「佳子様、ご熱愛」の記事が女性週刊誌で出ました。

相手は、山梨県の企業の富士急ハイランドの社長の堀内光一郎氏の長男でした。堀内氏とは奇縁で、慶應の経済の同級生でした。金融研究会というサークルに所属していました。

但し、私が一年次の6月に、サークルに入会したときには、すれ違いで退会していました。従って、卒アルで写真を見るぐらいで、キャンパス内で見たことは有りますが、口をきいたこともありません。

ちなみに、今の維新の会の代表の松野頼久も同級生でした。彼は法学部ですが、卒アルで確認できます。女優の紺野美紗子も文学部でしたが同級です。なんか、自慢話っぽくなっていやらしいので、この辺で辞めておきます。

 

堀内氏は、高校まで学習院で受験して慶應に来ました。

彼の思い出話によると「皇太子にサッカーボールを蹴りつけてやった」と悪戯っぽく話していますが、要はいじめだと思います(笑)頭は悪いし、腕力も強くないので、仕返しされる心配なく苛めていたのでしょう。

経済の同級生で、高校が学習院の人が3人いましたね。共通していることは、態度が偉そうで「俺様主義」的なところが有りました。「俺たちは家柄がいいだけでなく、頭もいいんだぞ」的な(笑)

知っている三人は、堀内氏と白川浩道氏と名前を覚えていない女性一人です。彼らは実際に優秀で、堀内氏はもう潰れましたが、日本長期信用銀行に就職、白川氏に至っては何と日銀でした。白川氏は、何年か前に日銀を退職して、クレディスイス証券のチーフアナリストをしています。

 

話しを東宮さんに戻しましょう。東宮さんは、地位も権威も高い割にはおつむが悪いので、朝鮮系の悪党たちには扱いやすい使い勝手の良い駒です。

その朝鮮系の悪党とは、義父の小和田恒創価学会です。義父の強い勧めもあってでしょうが、創価学会のブラジル大会に出席して、池田大作の長男と一緒に写真に写っています。宮内庁がこんな公務を依頼するはずはないです。例え今の風巻長官が創価

しても。

 

やはり、ジジン(小和田恒のこと)の命令でしょうが、国連反日事務総長の潘基文と会見してツーショット写真を撮っています。反日国オランダの皇太子から譲られた国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の総裁になりました。

恐ろしいことにこの委員会の大会が今年6月に韓国のソウルで開催されるはずでした。ジジンや潘基文は、東をおだてあげて、ソウルに行かせ、「ナヌムの家」で慰安婦と称する売春婦たちに土下座で謝罪させる魂胆だったに違いありません。私はそれを非常に心配していました

が、総理が安倍さんだったお蔭で、今もジジンの影響下にありと言われる外務省が珍しく渡韓を止めさせましたね。あの時はホッとしました。

ジジンも雅子碑も創価学会員とのことで、東宮も学会に入信していないか心配です。

 

「女帝」の様に確信犯ではなく、東宮は、行って見れば知能と判断力から見て「責任能力が無い」ケースです。

彼が気づかないうちに、国益と日本の名誉を毀損しているケースが多いところが「女帝」とは違う意味で恐怖です。彼がちょくちょく海外に行っているのは宮内庁がお願いした公務ではなくて、ジジンが自分の利益にするためにおだてあげて指示しているも

のだと確信しています。

 

私は、多くの皇室専門のブロガー達が懸念している【廃太子&廃妃問題】は再来年2017年に政治問題として本格的に動き出すとみています。イシューは【皇室典範の改正案の立法化】です。

皇室典範が理想的に改正されれば、少なくとも雅子碑、創価学会に入信していれば東宮も地位と権威を剥奪されて、追放となるでしょう。何故ならば、雅子碑が創価学会員ならば、学会が支持する日蓮正宗は、最終目的が【天皇日蓮宗に改宗させる】=

広宣流布】ことだからです。これは、一種のクーデターで、内乱罪に相当します。これを実行しようとしたら、創価学会は【破防法】の適用を受けて、存在を否定されるでしょう。

私は既に、東宮は密かに学会に改宗されていると思います。恐ろしいことです。

それでは、命式を見ていきましょう。

続きます 

f:id:fushimiakimasa:20161207090405j:plain