読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

【MI6キャサリン④】皇室撲滅を図る美智子、子分の高円宮にも産児制限、清子様の晩婚、転載フリー

2015年12月10日

秋篠宮様のことを書いていて、後でふと思い立ったことがあります。
皇室撲滅のために考えるのは、子供を産ませないことですよね?

f:id:fushimiakimasa:20161028064714j:plain

清子さまを37歳まで結婚させなかったのは・・・

一番肝心なことを忘れていました。。

もうギリギリで、産まれないかも知れませんね。

スポンサーリンク

 

それ以外にも、先生のブログでもおなじみの久子さんですが、

以前どこかのブログや掲示板でも読みました。

テレビで産児制限を受けたことをぽろっとお話になられていたようです。

これは私も覚えがあるのです。

私が見たのは、憲 仁さんです。これもテレビでぽろっと

f:id:fushimiakimasa:20161028064745j:plain

「本当なら男子を設けて家を残したかったのですが、出来なかったのでね・・・」

私はもともとテレビが好きで、皇室関連の番組はよく見ていました。

f:id:fushimiakimasa:20161028064845j:plain

あの久子さんは、30過ぎての結婚だったと思いますが、

3人の出産後、退院のとき、たまたまですが、全部見ていました。

とても元気でした。

そして、野心がある人なら、なお更男子を産んだほうが立場もあがります。

誰にも止められなければ後二人ぐらい産めたでしょうし男子が産まれたかも知れません。

産児制限とは、昔からあったようですが、ここまで皇太子の今期が遅れて皆が 振り回されたのは初めてではないでしょうか?

年齢的に、紀子様親王を産まれた時にはもう自分は無理ですから、歯がゆいのもあったと思います。

どちらにせよ、迷惑な話ですね。

久子さんの一番の失敗は、愛育病院で産みわけをしなかったことですね。

ちなみに、雅子は最初から愛育病院とのかかわりを勧められながらも却下していたそうです。

 

以上

f:id:fushimiakimasa:20161028065000j:plain