伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

【小和田家】皇室の私物化⑥目に余る池田礼子一家

f:id:fushimiakimasa:20160928091907j:plain

2013年(平成25年)
3月末

東宮一家・小和田夫妻・池田礼子一家、都内高級中華料理店(富麗華?)一人3万円のコースで会食
≪女性セブン5/27号ネット記事≫より引用始め~
小和田夫妻が日本にいたのには理由がある。それは、今回のオランダ訪問が決まるまでの約1か月間、休暇を取って日本に戻り、雅子さまと直接相談のやりとりをするためだった。

(中略)

「小和田さんは3月下旬に帰国されました。恆さんは帰国して間もない3月27日に、安倍晋三首相と面談しています。このとき、雅子さまのオランダ訪問について首相に相談されたそうです」(外務省関係者)

その後はずっと東京に滞在していたのだが、3月末には、都内の高級中華料理店で皇太子ご一家と一緒に食事をされてもいる。

「皇太子ご一家、さらに雅子さまの妹の池田礼子さん一家もお誘いになって食事会を開かれたようです。1人3万円のコースを召し上がったみたいですね。そこでもオランダ訪問の件が話題になって、恆さんが“行けそうですか?”と質問すると、皇太子ご夫妻は“そのつもりです”とお答えになったそうです。

しかし、やはり雅子さまは困惑の表情をされていたみたいで…。恆さんは心配になったようで、それからオランダ訪問が決まるまで、雅子さまを励ますために何度も電話をしていたそうです。優美子さんも、ひそかに雅子さんのもとを訪れていたという話もあります」(前出・外務省関係者)~引用終わり 

05.01

オランダ新国王即位式、すったもんだで雅子オランダ渡航

f:id:fushimiakimasa:20160928092152j:plain

5月1日在蘭邦人27名との面会欠席し、知人2名と、両親小和田恒・優美子とはご対面。
18時頃小和田恒・優美子夫妻がホテルオークラアムステルダム訪問、22時過ぎまで共に水入らずで過ごす【マコオタ画像集(雅子関係)36】
雅子オランダ訪問についてのごたごたと、その背後で暗躍する小和田恒の動きはこちら参照。
06.09

徳仁雅子結婚20周年記念 食事会 

<両陛下・秋篠宮両殿下・黒田清子さまご夫妻・池田礼子夫妻・渋谷節子夫妻が出席>
天皇・皇后両陛下は9日、皇太子ご夫妻の結婚20年を祝う夕食会に出席されるため、赤坂の東宮御所を訪問された。夕食会には、秋篠宮ご一家が出席された他、黒田清子さん夫妻や雅子さまの妹の池田礼子さん夫妻と渋谷節子さん夫妻も出席したという。」

≪NNN6/10≫
08.10

<情報確定待ち> 池田礼子宅で大東京華火大会鑑賞予定≪週刊新潮7/11号≫ 「愛子が楽しみにしている東京湾華火大会」≪週刊女性7/23-30号≫ 「麻布 50mおきくらいに警察官立ってる。。。。。?( ^・)何?」

≪part2632-853ツイッター
09.12

ご接見(万国国際法学会代表者)(東宮御所)「皇太子妃雅子の父、小和田恒国際司法裁判所判事(80)も代表者の一人だった。」

≪MSN産経皇室ウイークリー9/14≫
自分の父親との面会を公務にカウントする公私混同公務には出るが、同日の勤労奉仕団のご会釈欠席【選り好み】
09.16

小和田夫妻が東宮御所を訪問し「小和田会」
________________________________________
週刊文春10/3号<天皇皇后、秋篠宮ご一家の葉山ご静養には合流せず 雅子さま福島慰問直前 皇太子「小和田会」でのお立場>から引用始め~

 天皇秋篠宮ご一家が葉山で過ごされていた十六日、東宮御所には雅子さまのご両親である小和田恒、優美子夫妻の姿があった。折悪く十六日は台風の関東接近が予想され、一度は参内が見送られたという。
「結局、小和田夫妻はいらっしゃることになりました。皆さんで軽食を召し上がり、小和田夫妻は、翌日オランダにお帰りになったそうです。雅子さまはその席で非常にご機嫌がよろしかったそうです。(東宮職関係者)」


 天皇皇后と秋篠宮ご一家がご静養中に開かれた『小和田会』。この対照的な構図に、千代田関係者は憂いを隠さない。

「相変わらず、東宮と両陛下の交流は少なく、“途絶状態”は続いています。最近では、皇室や皇位継承者としての在り方について両陛下がお伝えになりたいことを、秋篠宮殿下が代弁して皇太子殿下にお伝えしているようです。(千代田関係者)」
「今回も小和田夫妻との会食ではなく葉山合流を優先すべきだとご決断するのが皇太子の役目です。それなのに小和田家の予定を優先させている。まるで小和田家と一体のようです。(別の千代田関係者)」~引用終わり
10.31

<未遂> 毎年恒例“妹宅でのハロウィンパーティー”と秋の園遊会、翌日からの被災地訪問が重なり取り止め
「(岩手訪問に備えて)毎年妹の礼子宅で開かれる恒例のハロウィンパーティーも今年はしなかった」

週刊女性11/19号≫

「ここ数年10月31日、皇太子ご一家は、雅子さまの妹の池田礼子さんのお宅でハロウィンパーティーに参加されています。そこで今年は園遊会の後にハロウィンのダブルお出まし、翌日から予定通り岩手県を訪問することも不可能ではありません。」

週刊女性11/5号≫
「最近の雅子さまのご体調は絶好調。秋の園遊会に十年ぶりにご出席の可能性も。その日はハロウィンですから、妹の池田礼子さんのお宅で恒例のパーティーをなさるかもしれませんね。(東宮職関係者)さらに翌日からは泊りがけで岩手県への被災地訪問が予定されている。」

週刊文春10/31号≫
________________________________________
秋の園遊会赤坂御苑)は欠席→10/25時点で徳仁雅子共に出席予定なし

≪朝日・皇室7days≫
「皇族方では皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席された

」≪時事通信10/31≫
園遊会には療養中の雅子さまは、欠席されました。宮内庁によりますと、11月1日から泊まりがけで、東日本大震災の被災地、岩手県を訪問するため体調に配慮したということです」

≪TBS系ニュース10/31≫
園遊会日程が公開される前に、「公務がある」として同日の学習院伊勢神宮に関する講演会臨席を断ったという報道があり、毎年恒例のハロウィンパーティーのために伊勢神宮関連公務を蔑ろにしたという憶測を呼ぶことに。

雅子さま決意の「学習院行事」お断り!>

学習院大学伊勢神宮に関する講演会があるが、大学側は皇太子夫妻に臨席を申し込んだのに、公務があるとの理由で断りがあったそうだ」

週刊女性10/1号≫
12.9

<情報確定待ち> 

雅子50歳誕生日夕食会(東宮御所)《両陛下、秋篠宮両殿下、ご親族方》
________________________________________
週刊文春12/9号<雅子さま50歳お誕生日「V字回復」の未来>より引用~

「その日は、雅子さまお一人で天皇皇后両陛下をはじめとするご親族方をお迎えになったのです。ご体調が悪かった頃ならキャンセルされていたことでしょう。ご回復を実感いたしました。(東宮職関係者)」

雅子さまが五十歳の誕生日を迎えられた十二月九日の夜、東宮御所では天皇皇后や秋篠宮ご夫妻ほかご親族を招いた御内宴が予定されていた。だが、皇太子は五日に死去したネルソン・マンデラ元大統領の追悼式出席のため、急遽、同日夕方に南アフリカに向けて出発されたのだった。しかし、御内宴は、皇太子ご不在のまま、予定通り恙なく行われたという。 

12.24  

池田礼子宅クリスマスパーティーは愛子ひとりで出席
「例年であれば、クリスマスイブは、夕方から愛子さまとともに、妹の池田礼子さん(47才)一家が暮らすマンションを訪れられ、クリスマスパーティーをされるのだが、昨年は違った。当日は愛子さまおひとりでのお出かけでした。もちろん愛子さまが“親離れ”したこともありますが、雅子さまは、厳しい寒さの中、宮中祭祀をされる陛下と皇太子さまに配慮されて、外出を控えられたようです。やはりご進講を受けられたことが大きかったと思われますね。これまでの雅子さまなら、ご自身の私的な活動を優先されてきましたから」

≪女性セブン1/23号/ネット記事≫
この日は歴代最後の女性天皇後桜町天皇式年祭の儀(皇霊殿)雅子は当然欠席→12/13のご進講には雅子も出席→20日時点で徳仁のみ予定

≪朝日・皇室7days≫
《陛下、徳仁秋篠宮両殿下、眞子内親王常陸宮両殿下、瑶子女王高円宮妃、典子女王》《京都 後櫻町天皇山陵・彬子女王》が出席する天皇家と皇族一同総出の重要祭祀当日に、内親王の愛子を妹宅のクリスマスパーティーに行かせる行動は、祭祀よりクリスマス優先という雅子の脳内白人具合が分かる事件である。

スポンサーリンク

 

2014年(平成26年)

f:id:fushimiakimasa:20160926090908j:plain


02.23

徳仁54歳誕生日夕食会(東宮御所)《両陛下、秋篠宮両殿下、眞子内親王、黒田様ご夫妻、雅子の妹家族》
<皇太子〈54歳誕生日会見〉前代未聞の「ご発言改ざん」騒動>

「誕生日夕刻、ようやく騒動が収まった頃、東宮御所には天皇皇后や黒田清子さん夫妻、雅子さまの妹家族らがお集まりになり、内宴が催されたという。

「この四月に愛子さまが進学される学習院女子中等科や、夜更かしをしながらご覧になったオリンピックについてお話しになったそうです」(別の宮内庁関係者)」

週刊文春3/6号≫


「皇太子さまは23日、54歳の誕生日を迎え、両陛下も出席して誕生日を祝う夕食会が開かれました。両陛下は23日夜、夕食会に出席するなど、3時間余りにわたって皇太子ご一家のお住まい『東宮御所』でお過ごしになりました」

≪ANN2/24≫
「毎年当日に東宮御所で両陛下や秋篠宮ご夫妻などを招待して内宴が開かれます。そのお食事メニューを決めるなどの段取りでお忙しかったそうです」

週刊女性3/4号≫
3.24-29

東宮一家の奥志賀スキー静養に、実妹池田礼子家族
天皇皇后両陛下伊勢御参拝の最中 雅子さま奥志賀スキー旅行「雅子や愛子にも行ってほしい」美智子さまの思い届かず>
「宿泊先は奥志賀高原にある『ホテルグランフェニックス奥志賀』。

雅子さまの妹、池田礼子さんのご家族もご一緒にいらっしゃるそうです。愛子さまとご年齢の近い息子さんがいますから、いとこ同士の交流も楽しみにされているのでしょう」(東宮職関係者)」

週刊文春3/27号≫
04.13

オール学習院の演奏会を小和田優美子・渋谷節子鑑賞、その後雅子愛子と合流

≪女性セブン5/1号 オール学習院“父娘共演”の裏で――皇后美智子さま(79)との距離広げる皇太子妃雅子さま(50)「母優美子さん(76)と愛子さま(12)」の極秘面会≫
p.159より引用


 そんな雅子さまと少し離れた会場の隅で、愛子さまのご成長を眩しげな眼差しで見つめている婦人の姿があった。
雅子さまのお母さまである小和田優美子さん(76才)が(雅子さまの)妹の渋谷節子さんと一緒に1階席の後方で鑑賞されていました。2人には東宮女官の岡山いちさんがずっと側に付いていました。そして演奏会が終わると楽屋に向かい、雅子さまと愛子さまと合流されたようです」(前出・宮内庁関係者)
p.159より引用
 両陛下が皇太子・同妃の時代には、週に1度は皇居に参内され、昭和天皇香淳皇后から“帝王学”を学ばれた。
 しかし、皇太子ご夫妻が両陛下と会われるのは前述のような何かご用事があるときばかり…。

皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう語る。
「今回の演奏会は取材設定こそありましたが、私的な外出です。そこで母親を呼び出し、家族の時間を持たれているだとしたら、皇太子妃としての自覚が希薄だといわざるを得ません。演奏会に出席できるのなら、公務に足を運ぶことも可能なわけですから。
 結局雅子さまが本当に頼りにされているのは誰なのか。美智子さまにとって雅子さまのご実家との距離の近さは悩みの種なのではないかと思いますよ。雅子さまが自分に心を開いてくれれば、もっと助言もできるわけですから……」
________________________________________
同日、愛子の【ごみ事件】発生。
07.13  

初めて両陛下の4人の孫が全員揃った陛下の傘寿を祝う皇后陛下主催の民族芸能公演を小和田恒と優美子夫妻も鑑賞。その後の昼食会にも参加したと思われる。

《両陛下、皇太子一家、秋篠宮ご一家、高円宮一家、黒田ご夫妻、川嶋ご夫妻、小和田夫妻ら約130人》
「皇太子家の愛子さま、秋篠宮家の眞子さま、佳子さま、悠仁さまが報道陣の前で勢ぞろいするのは極めて珍しい」

≪朝日7/13≫
「愛子さま、眞子さま、佳子さま、悠仁さまを含む天皇ご一家が、報道陣の前に姿を見せるのは初めてのこと。」

≪FNN7/14≫
皇后陛下ご主催天皇陛下傘寿奉祝「日本の民俗芸能」(桃華楽堂

)≪時事7/13≫≪動画7/13NHK/JNN/ANNFNN/NNN/7/14FNN≫
【暫定】天皇陛下傘寿奉祝午餐《皇族方、元皇族、ご親族》(宮殿)
08.10<未遂>  

毎年恒例の東京湾大華火祭の妹・池田礼子宅鑑賞お楽しみは、台風11号のため大会中止、結果として未遂。
10.31<情報確定待ち>  

毎年恒例池田礼子宅ハロウィンパーティーは愛子のみ?
「元麻布はヨダレ単独っぽい イヤホン軍団はいない」

≪Part2882-857≫ 

12.09<情報確定待ち>  

雅子51歳誕生日夕食会(東宮御所)《両陛下、秋篠宮ご夫妻 など 》
※毎年恒例 池田礼子・渋谷節子夫妻ら雅子の招待親族の詳細は報道なし
雅子さま51歳の誕生日 両陛下 皇太子ご一家と夕食(12/09 18:29)>

「両陛下は9日午後6時ごろに赤坂御用地に入られ、今月2日に99歳の白寿を迎えられた三笠宮さまを訪問された後、皇太子ご一家と夕食をともにされるということです。」

≪ANN12/9≫
「9日夜は、両陛下や秋篠宮ご夫妻などを招き、お祝いの夕食を共にされるという。12/09 20:32」

≪FNN12/9≫
雅子さまの51歳の誕生日を祝う夕食会が開かれ、天皇皇后両陛下や、秋篠宮ご夫妻などが出席された。12/09 21:28」

≪FNN12/9≫
「夜には、お住まいの東宮御所に、両陛下や秋篠宮ご夫妻などを招き、お祝いの夕食会が開かれた。12/10 01:00」

≪FNN12/10≫

2015年(平成27年)
3.23-27<情報確定待ち> 

東宮一家の4泊5日春スキー静養(長野県)
 ホテルグランフェニックス奥志賀23~28日まで全館満室【静養】
<皇太子一家「4泊5日スキー旅行」は今年も危ういアイスバーン

「ほとんどの場合、礼子一家が同行する。笑顔になるので、皇太子は「治療効果あり」と考えるらしい。」

週刊ポスト3/27号レポ≫

「今年も3月23日から27日まで4泊5日の日程で長野県の奥志賀高原スキー場を訪問する予定です」(宮内庁関係者)

週刊ポスト3/27号、NEWSポストセブン3/16≫

週刊ポストのスキー静養日程事前報道後、行きの新幹線をドタキャン
23日午後5時頃から春休みの高速・関越道を封鎖して車移動のツイッター情報多数≪part2941参照≫

<皇太子ご一家、長野で静養>

「皇太子ご一家は23日夜、静養のため車で長野県入りされた。県北部のホテルに数日間滞在し、スキーなどを楽しむ予定。(2015/03/23-21:09)」

≪時事3/23、産経3/23≫
「23日午後、車でお住まいの東宮御所を出発されました。皇太子さまと雅子さまは車の窓を開けて集まった報道陣に笑顔で会釈をされ、23日から春休みに入った愛子さまも笑顔を見せられていました。」

≪NHK3/24/同魚拓≫

【(奥)】【順序が違うのではありませんか】
出発同日、インドネシア大統領閣下及び同令夫人の宮中午餐(宮殿)と皇居・東御苑ご案内に雅子は欠席【同日シリーズ】
天皇陛下が21日から風邪の症状で一部ご公務取りやめ中、両陛下の24~27日3泊4日の7年ぶり御料牧場静養も23日取りやめ≪産経3/23≫
(2015年3月24日現在)