伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

【イエズス会の野望】①軍事諜報組織としてのイエズス会とその日本人人脈、提供早緑皐月氏、拡散希望

f:id:fushimiakimasa:20160808225659j:plain

緒方貞子

スポンサーリンク

 

文中に頻出する緒方貞子は、朝鮮人総理、小泉純一郎の「女系天皇論」会議で、「女系天皇」を強く主張した。売国奴である。

 

正田美智子、曽野綾子と並び、【聖心OG三魔女】と呼んでいる。

戦後、外貨不足で、日本人の渡米が非常に困難な時に、緒方は、先陣を切るように渡米した。米国政府から外貨=米ドルを直接もらったのであろう。もうこの時点で「アメリカの工作員」である。美智子の大親友。最終目標は「皇室破壊」による「日本崩壊」である。


もう88歳だが、美智子ともどもさっさと逝ってほしい粗大ごみである。

 


伏見様

明けましておめでとうございます。

日々の渾身の更新有難うございます。昨年よりの読者でロム専門でしたが、山本正や諜報組織についてという事で思い出した記事をコメントさせていただきます。

軍事諜報組織としてのイエズス会を調べる上でイエズス会人脈を追ったものですが全て繋がります。こちらには記載されていませんが、【3-4】の上海に副島家が含まれることは言うまでもありません。

 

最近の正田泰子夫人の記事と重複する箇所も多くありますが、以下の【イエズス会考】より一部転載いたします。ちなみに、皇居間近の聖イエズス会教会の山本襄治神父(現在は故人)は田園双


葉の校長を務めるなど、神父あるいは教師として皇后や雅子妃とも縁が深い人物です。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/jesukyo/iezusukaico/iezusukai_what.htm

 

【日本のイエズス会人脈を追う】

 日本においても、このような言葉をかけられ、イエズス会の上層部への入会を誓った人物たちは多いのではないだろうか。 イエズス会組織としての宗教界の元締めは、聖イグナチオ教会であり、日本のキリスト教会中、最大の信者数を持つ。
 http://www.ignatius.gr.jp/

 

 【教育界の元締めは、上智大学】である。この大学のOB&OGの親睦団体は、【ソフィア会】と言い、広範囲な大企業にネットワークを持っている。

聖イグナチオ教会上智大学イエズス会日本管区の直営であり、これらは全ては同一敷地(東京、四谷キャンパス)内にある。

この敷地のなかには聖イグナチオ教会以下3つの教会(聖堂)がある。

 

イエズス会日本管区は現在、管区長("PROVINCIAL")が松本紘一神父、No.2が山本襄治神父(この人物の弟、正はビッグ・リンカーである:文末参考資料)。

 

 【1】イエズス会が経営する学校に入学する学生は、親の代からの信徒だったり、そうでなくても卒業までにかなりの比率でイエズス会の洗礼を受ける。

 

 (1-1) 日本で、イエズス会直営の大学は、上智大学(東京)・エリザベト音楽大学(広島)。同じく、直営の男子中学・高校は、六甲学院(神戸)・広島学院(広島)・泰星学園(福岡)。

 

 (1-2) 日本でのイエズス会の女子教育部門の直営が、聖心女子大学(聖心会)・清泉女子大学(聖心侍女修道会)など。

 

 (1-3) 緒方貞子氏は、聖心女子大学卒業後、カリフォルニア大学バークレー校で政治学博士号を取得し、上智大学の英語学部長を勤めた後、UNHCR(国連難民救済高等弁務官事務所)の弁務官(在任:1991年~2000年)などを歴任し、今はJICA(国際協力機構)理事長とRET(難民教育基金、本部:スイス)理事長を兼任している。この人物は、日本人女性では【国際的知名度No.1】といわれ、今も名誉教授として上智の学生に影響を与えてる。

 

 (1-4) 犬養道子氏は、ボストンとパリのカトリック大学で哲学・聖書学を専攻し、ハーバード大学研究員を経て作家となった後、「イエズス会難民サービス」の一環としてカンボジアバルカン半島・アフリカなど世界各地で難民救援活動を行い、現在も『犬養基金』で旧ユーゴ難民に奨学金を送り続けている。旧犬養邸は現在、上智大学の女子寮となってもいる。

 

 【2】緒方貞子犬養毅元首相の曾孫、犬養道子犬養毅元首相の孫。

 

 (2-1) 緒方貞子は、【5.15事件】で斃れた犬養毅首相の娘:芳沢操の孫で、彼女の夫は緒方竹虎自由党総裁の子:緒方四十郎元日銀理事/日本開発銀行副総裁だ。

 

 (2-2) 犬養毅元首相の息子:犬養健元法相の子には、犬養道子・康彦の姉弟と、異母妹の安藤和津がいる。犬養康彦は、上智大学出身で共同通信社社長を務め、妻:れいこは、大原財閥の大原総一郎の長女。大原総一郎氏の次女:泰子の夫は、日清製粉正田英三郎名誉会長の息子:修で、正田修会長は美智子皇后の弟になる。

 

皇后の兄:正田巌は元日銀監事で、日銀を影で動かしているとの評判がある。

安藤和津は、学習院から上智大学を卒業して英国留学後、「CNNデイウォッチ」のメイン・キャスターを務め、現在は文部科学省教育職員養成審議会委員。

夫は、俳優・監督・画家の奥田瑛二

 

 (2-3) 犬養道子・康彦姉弟の母:仲子の父:長与称吉男爵(医師)の妻:延子は、尊王攘夷派を潰しながら大政奉還を建白した土佐藩士:後藤象二郎伯爵の次女になる。

長与称吉氏の妹:保子の夫:松方巌十五銀行頭取は、元老松方正義公爵の長男。松方正義の八男:正熊帝国製糖社長の娘:春子の夫は、【長老協会の宣教師の息子:エドウィン・ライシャワー元駐日大使】。

この宣教師は、東京女子大学の創立者の1人になっている。

 

 (2-4) 後藤象二郎の長女:早苗は、岩崎弥之助男爵の妻。岩崎弥之助氏は、三菱財閥の創始者:岩崎弥太郎男爵の弟で、三菱財閥の二代目当主となっている。岩崎弥之助氏の息子:小彌太の妹:繁子は、松方正義公爵の次男:正作の妻となった。 日銀を創立した松方正義が大蔵大臣を兼務していた第二次松方内閣時代、岩崎弥之助は第四代日銀総裁を務めた。

1897年、岩崎弥之助は、日清戦争の賠償金を元に金本位制を採用し、日露戦争への道筋を準備した。

 

 【3】 聖心女子大学は、イエズス会の女子教育部門の代表で、卒業生には、美智子皇后緒方貞子(JICA理事長)・曽野綾子(日本財団会長)などがいる。・・・★【聖心の三魔女】

 

 (3-1) 曽野綾子は、1979年にローマ法王庁からヴァチカン有功十字勲章を受賞し、2000年にはヘレンケラーピューリツア賞を受賞している。・・・受賞の理由が不明

 

 (3-2) 笹川良一によって、1962年に設立された日本船舶振興会は、1996年からニックネームとして「日本財団」を使用している。1995年、笹川良一の死去に伴い、作家の曽野綾子が会長に就任した。一説には、曽野綾子氏=笹川良一氏の娘とか。

 

 (3-3) 「日本財団」は、1997年から2年連続、UNHCR(代表:緒方貞子)に、各100万ドルの資金拠出をした。これは、イランに暮らすイラク難民とアフガン難民の保険・医療プロジェクトに使われ、1998年には曽野綾子日本財団」会長が現地を訪問した。

 

 (3-4) 満州・上海で軍需物資の隠匿に関係して暗躍した児玉誉士夫笹川良一は、戦後はGHQに検束されたものの、隠匿物資と機密情報の提供を条件に、1948年にはGHQから釈放されています。一説には、現在価格で7兆円以上という隠匿物資は、戦後日本の政治家の操作に使われた。

 

 (3-5) 統一協会の主導により、1968年に、児玉誉士夫笹川良一岸信介らが「勝共連合」を結成し、これと日米韓の軍部とCIAが連携プレーをするようになった。

 以下は、「東亜日報」の記事転載。
 http://www1.jca.apc.org/aml/200306/34489.html

 1962年に、金鍾泌KCIA局長が、CIA長官ジョン・マコーン氏(後のベクテル社社長)とキャロル陸軍中将と会談するために訪米した際に、文鮮明氏が同行し、この訪米で二人はネルソン&デビッド・ロックフェラー氏とも会いました。

 

文鮮明氏とネルソン・ロックフェラー氏は、同じ"The one world"という標榜においてたちまち意気投合し、ロックフェラー氏は日本で密かに保有していた資金で、隠密裡に文鮮明氏を援助する事を決定したのです。そして、ロックフェラー氏の「新世界秩序」に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする事を使命に、「勝共連合」を発足させました。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 こうして俯瞰してみると、戦後から現在に至るまでの日本の歴史のなかでもイエズス会の影響力は、見えない形で非常に大きいものがあったことがわかる。

とくに家系の「女性」を使う戦略や軍事諜報に繋がる動きをしてきたことが垣間見えると言えるだろう。

 

この裏では男性の「神父」などによるネットワークが「本来」の情報を運んでいると思われる。こちらの情報系には【富士ゼロックス会長の小林陽太郎】や【日産自動車カルロス・ゴーン】などが垣間見える。このような人脈は現在、EU拡大に伴うEU・日本ラウンド・テーブル(円卓会議)に直結しており、これはEU官僚を通してヨーロッパ寡頭勢力と繋がっている。このことは、もちろん全体でローマに本部があるイエズス会のネットワークとも重なっている。

 

 

*参考

 ビッグ・リンカー達の宴2-最新日本政財界地図(4)【園田義明】
 http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/1118.html
 投稿者 エンセン 日時 2004 年 6 月 19 日 18:46:32

 

 『■「タダシ・テディ・ベア」から「日米交流のエース」へ

 1936年、まるまる太った男の子(山本 正)は、年上の兄弟達から「タダシ・テディ・ベア」と呼ばれていた。その周りでボール遊びをしていたのが、長男の襄治(山本神父)、長姉の故シスター山本愛子(元聖心女学院校長)、次兄清、次姉勇子、

東京銀行元頭取の高垣佑である。当時、香港の日本人小学校には多いときで200人近い児童がいたが、その中のひとりに中村貞子もいた。中村貞子は現在の緒方貞子である』。

*写真は「アメリカの工作員にして売国奴の聖心OG」も緒方貞子