伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

新・台湾論

新台湾論⑨第四次産業革命 アメリカの実例とインダストリー4.0

≪実例;アメリカのオートバイメーカーのハーレーダビットソン社≫ 同社は昔から客の好みに合ったカスタマイズ製品を作っていましたが、生産に三週間もかかっていました。 それが、IOTを導入後、三週間から6時間に短縮可能となりました。 ≪自動車タイヤに…

新台湾論⑧第4次産業革命で、日本と台湾の提携の可能性

≪第4次産業革命で、日本と台湾の提携の可能性≫ 李登輝氏は「台湾はグローバル市場のニーズにこたえて、半導体などのコンポーネント(電子部品)を大量に生産する技術に優れている。 現在も10社以上の半導体製造メーカーがあり、日本の開発力と、台湾の生…

新台湾論⑦第四次産業革命と日台経済同盟

第4次産業革命と日台経済同盟 最近、よく耳にする第4次産業革命とは何でしょうか?★英語でIOT(interneto of things)で「物と物とのインターネットのことです。従来のインターネットとは、「人と人とのインターネット」でしたが、次世代近い将来は「物…

新台湾論⑥2016年「台湾革命」蔡英文の総統就任

≪2016年「台湾革命」蔡英文の総統就任≫ 2016年1月の総統選で蔡英文女史が、国民党の対抗馬の朱立倫に300万票の大差をつけて圧勝しました。前回2012年の総統選では現職の馬英九に80万票差で苦杯を飲みました。★しかも立法議員選挙でも、民進党が議席の過半数…

新台湾論⑤日本に政治亡命した台湾人知識人

≪日本に政治亡命した台湾人知識人≫この騒動のさなか、 言語学者の王育徳氏、 政治学者の許世階氏、 金美麗女史、 黄文雄氏 らが日本に政治亡命して、「台湾独立連盟」を結成し日本を拠点として独立運動を始めます。台湾に戻れば殺される。彼らは蒋介石の生き…

新台湾論④日本統治時代は9割の「光」と1割の「闇」

日本統治時代は9割の「光」と1割の「闇」 世界一の親日国の台湾ですが、無条件に日本統治時代を称賛しているわけではありません。現地では「あの人は日本人」と言われている親日の哲人政治家の李登輝氏も「差別は無かったとは言えない」と断言しています。彼…

新台湾論③原住民と日本人との明確な血縁関係

≪原住民と日本人との明確な血縁関係≫ 原住民パイワン族のDNAと日本人、特に九州人、沖縄人のDNAの塩基配列に共通性が確認されています。台湾南部の遺跡から大量の「縄文式土器」が発掘されました。原住民は「縄文人」の子孫だったのです。 原住民の男…

新・台湾論②台湾の日本復帰を求める「台湾民政府」

台湾民政府「我々は日本人だ」「台湾は祖国日本に復帰すべきだ」 ≪台湾の日本復帰を求める「台湾民政府」≫台湾に「台湾民政府」と言う政治集団が有ります。メンバーは流暢な日本語を話す台湾の「日本語世代」です。この人たちの主張は「我々は日本人だ」「台…

新・台湾論①台湾及び澎湖諸島に対する「潜在主権」は未だに日本にある

世界一の親日国と日本の絆、そして今後のベストな両国の関係 漫画家の小林よしのり氏が2000年に「台湾論」を出しているので、タイトルに「新」を付けました。ただ、今から16年前と比較して、「台湾経済」は様変わりしていますので、書く価値は有ると思いまし…