伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

◆ 人気ランキングに参加しています

国難としての美智子皇后

【国難としての美智子皇后⑤】国体破壊に最後の命を燃やす赤い異教徒,転載フリー 

2015年4月22日 安倍長期政権が確定し、安倍さんが総理の間は、「女性宮家創設」は不可能になりました。来年の参院選も、衆参ダブルにしても自民の圧勝は間違いないでしょう。 小和田―創価ー皇后ラインは焦り始めます。公明党は政府内で安倍政権にがっちり押…

【国難としての美智子皇后④】国体破壊に最後の命を燃やす赤い異教徒、転載フリー

2015年4月22日 そして、昭和64年1月、昭和天皇が崩御し、平成に変わります。 美智子さんの一番怖かった人がいなくなりました。 香淳皇后もこの頃から、世間に出回る噂では認知症にお罹りという話が飛び交っていました。滅多に表に出ない日々が続き、最後…

【国難としての美智子皇后③】国体破壊に最後の命を燃やす赤い異教徒、転載フリー  

2015年4月22日 保守系の月刊誌、週刊誌に間歇泉のように現れては消える【美智子妃いじめ伝説】、暇つぶしに読んでいると、ある変化に気づきました。 それは、少しずつ進化しているのです。時間がたつにつれ、内容が、「いじめ」というより、美智子さんの実態…

【国難としての美智子皇后②】国体破壊に最後の命を燃やす赤い異教徒、転載フリー 

2015年4月22日 さて、いよいよ本題に入りたいと思います。 私の物心ついたころからの皇后様の印象と父母や周囲の人の発言を交えて語りたいと思います。 30前まで昭和を生きた私にとっては、物心ついた時から、天皇陛下と言えば昭和天皇、皇后さまと言えば…

【国難としての美智子皇后①】国体破壊に最後の命を燃やす赤い異教徒、転載フリー 

皆さんお元気ですか? 日本にとって今、外国からの国難=脅威はありません。 唯一ある国難は【東宮問題】とみて、シリーズを続けてきましたが、色々と調査を続けるにしたがって、他の先輩ブロガー様達の啓発を受けて、東宮問題の本質は【皇后問題】に終着駅…