読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伏見顕正の政経塾

政治、経済、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など、冷静に語ります。

スポンサーリンク

【小泉研究】⑨横須賀在住X氏の証言

2015年09月11日 横須賀在住X氏の証言 横須賀の政治家と言えば小泉純一郎、そしてその息子進次郎でしょうか。 純一郎の父親は純也、横須賀の土建屋であり政治家でもありました。 しかし純也辺りになりますと私の年代では最早知る人は少ない過去の人物、色々…

【小泉研究】2009年参議院選⑧リトル平壌『横須賀』(後)

続きです。 前回2005年の【郵政イカサマ選挙】の時が68・46%、今回が68・12%で、得票数では、4984票も減っています。 横粂氏は健闘して、96,631票獲得しました。これは、前回の民主党候補より、46,080票、得票を伸ばしています。 進次郎は150,893票獲…

【小泉研究】2009年参議院選⑧リトル平壌『横須賀』(前)

【写真丸囲み、サングラスは、プロボクシング、亀田対ランダエダ戦を観戦する稲川会横須賀一家の金澤総長、組事務所は、小泉の実家のすぐ近くらしい】 皆さんお元気ですか?われわれ【まともな日本国民】の悲願の、民主党による政権交代が実現して、早、一週…

【小泉研究】2009年参議院選⑦売国都市『横須賀』(後)

続きです。 従って、私の結論としては ★マスゴミは、自民党=小泉売国勢力を見限って、なりふり構わず、民主党に寝返ったのだと思います。 その根拠に【地デジ利権】があります。2011年に完全移行が決まっている地デジは、★民放キー局と総務省の国民に対…

【小泉研究】2009年参議院選⑦売国都市『横須賀』(前)

【掲載写真は、大学時代の小泉純一郎(右端)、これ以上ないほど、民族的な特徴が顔に表れている。有名な強姦事件を引き起こす1,2年前だと思われる】 皆さんお元気ですか?いよいよ、投票日は今週末の8月30日(日)です。私は、もう昨日「期日前投票」…

【小泉研究】2009年参議院選⑥脱税装置『小泉純一郎同志会』(後)

続きです。 【Part1】「資金管理団体」東泉会を解剖する。 (1) 「小泉純一郎、資金管理団体「東泉会」をこっそりと隠す。」これは、先月の「週刊新潮7月16日号」の松田光世氏のスクープ記事ですが、ポイントをかいつまんで説明します。 小泉は、昨年1…

【小泉研究】2009年参議院選⑥脱税装置『小泉純一郎同志会』(前)

【掲載写真はネット上に浮遊する小泉正也(純一郎の実弟)の写真、左端。ご丁寧に、説明には小泉純一郎の“舎弟”とある(笑)掲載者のブログは圧力を受けたのか、記載されたURLではアクセスできない。中央は名前は忘れたが元有名作家、右端の中年女性は、…

【小泉研究】2009年参議院選⑤ 横須賀の朝鮮総連『小泉組後援会』(後)

続きです。 前にも述べた通り、小泉のブッチギリ当選が続きます。さて、実際の選挙戦は、小泉組が、【竹内父子+稲川会と言う暴力装置】をフル回転させてやるわけですが、資金面は、どうしているのでしょうか? 爺さんが無学な入墨者、 父親が同胞を裏切った…

【小泉研究】2009年参議院選⑤ 横須賀の朝鮮総連『小泉組後援会』(前)

【掲載写真は50年以上にわたり小泉組を【闇政治献金】で支え続けるタクシー会社社長の中村藤雄、風貌をとくとご覧あれ】 皆さんお元気ですか?われわれ、【まともな日本国民】待望の衆院選の公示が行われ、やっと選挙戦が始まりましたが、一つ気になること…

【小泉研究】2009年参議院選④売国家業『小泉家4代』(後)

続きです。 そして、2003年の第43回衆院選2003年と言えば、小泉経済政策の大失敗で、日本経済は【魔のデフレスパイラル】の真っ只中、加えて、この頃は、小泉の「これくらいの公約が守れなくったってどうってことない」 の国会答弁も続いて、まと…

【小泉研究】2009年参議院選④売国家業『小泉4代』(前)

【もし、スターリンが現代の日本に復活したら、外国勢力に通じて日本を裏切った【売国横須賀市民】にどのような懲罰を与えるだろうか?】 皆さんお元気ですか?今日は、「終戦記念日」です。歴史解釈の問題は別にしても、先の大戦では、多くの我々の、両親、…

【小泉研究】2009年参議院選③最終目標は『日本のフィリピン化』③

続きです。 【日本のフィリピン化】については、ちょっと回り道になりますが、現状のフィリピンがどういう国なのか、そして、フィリピンはなぜそのような国にならざるを得なかったのか? から、見ていきましょう。 先ず、日本とフィリピンの身近な関係から、…

【小泉研究】2009年参議院選③最終目標は『日本のフィリピン化』②

続きです。 続きです。 【ポイント1】 昨年から、大量に来日し始めたフィリピン人看護師達は、かつてのフィリピン人ホステスの代わり。 かつて、バブルの頃から、今世紀まで、日本の各地の盛り場には、どこも「フィリピンパブ」が大繁盛でした。 スポンサー…

【小泉研究】2009年参議院選③最終目標は『日本のフィリピン化』①

【貧しくもけなげで明るいフィリピン農村の少女たち】 2009年08月12日 皆さんお元気ですか? 台風が来たり、地震が起きたり、夏休みなのにあまりろくな事がありません。日本国は、8月6日(広島)9日(長崎)12日(御巣鷹山;日航機墜落)~8月15日(…

【小泉研究】2009年参議院選②国民健康保険の民営化、そして廃止(後)

続きです。 現に竹中平蔵は、私の小説【小泉構造汚職】に登場する、ゼーリックとともに、何度も米国保険業協会と言う業界団体の社長、会長たちとしょっちゅう会合していたという事実が多方面から証言されています。 スポンサーリンク // アメリカの保険会社…

【小泉研究】2009年参議院選②国民健康保険の民営化、そして廃止(前)

【掲載写真は、幕末明治維新、江戸に向けて進軍を準備する薩摩兵】 スポンサーリンク // 2009年8月6日 皆さんお元気ですか? 更新が滞りがちな当ブログに、毎日熱心にアクセスしてくれる読者様、本当に有難うございます。この場を借りてお礼申し上げます。 …

【小泉研究】2009年参議院選① 悪質売国番組

2009年8月9日 【私は、田原総一郎君の末路がこうならなければいいと思うと、とっても心配だ。早く罪を認めて、自首してくれ!写真は、幕末、井伊大老の安政の大獄の首謀者の一人として、天誅を受け、さらし首にされた大悪人の島田左近】 島田 正辰(しまだ …

【拝啓③】樋渡検事総長殿 『こいつらは、なんでセーフなんですか?』

2009年3月9日 【写真は週刊新潮3月12日号に掲載された小泉郵政汚職ファミリーの密会現場】 スポンサーリンク // 写真左下の白髪の60男は、朝鮮総連の幹部ではない元政治家の小泉純一郎である。 中央奥向かって右の根性の悪そうな老婆が、郵政利権にがっ…

【拝啓②】検事総長殿 一筆啓上仕る『辞表をお出しになっては如何?』

2009年3月9日 【写真は最後のアメリカ検察庁検事総長の樋渡利秋氏】 今回の国策捜査は明らかに下手を打ちました。共謀した官邸にも、使える役者はいませんでした。 スポンサーリンク // 明らかに失敗です。素直に敗戦を認めて、傷口が致命的にならないうちに…

【拝啓①】検事総長殿 一筆啓上仕る『国策捜査よりも【国益捜査】を』

2009年3月9日 【2001年10月小泉純一郎にとんでもない借りを作り、国策捜査の端緒を開いたとされる原田明夫検事総長、向って右、左は飯島勲】 スポンサーリンク // 日々の公務ご苦労様と言いたいところですがとても言えません。単刀直入に要件を言いま…

【小泉構造汚職】サルでもわかる日本郵政

2009年2月7日 【小泉構造汚職の産んだ“ヘドロ”“口入れ屋”の奥谷禮子】 皆さんお元気ですか?今日は新企画【伏見顕正の週末ニュース解説】の登場です。 第一回目は、猿でもわかる【小泉構造汚職(こうぞうおしょく)】です。 昨日は、国会での鳩山総務大臣と…

【小説】小泉構造汚職⑬ 最終回

東「最近、妙な動きを感じないか? 今年になって、国会で鳩山総務大臣が、日本郵政の『カンポの宿汚職』を追求しだして、【小泉構造汚職】が明るみに出始めたら、それに呼応するかのように、ミサイルを発射するぞ!とブラフをかけ始めた。 スポンサーリンク …

【小説】小泉構造汚職⑫ 放置された拉致問題

小泉構造汚職】の追及をさせない為に、北朝鮮は今日もミサイル・ブラフ(恫喝)をし続ける】 スポンサーリンク // 伏見「それにしても、朝野を挙げて“総すかん”を喰らった対韓国外交に比べ、対北外交は、小泉にとっては美味しいところばかりだな(笑)」 東…

【小説】小泉構造汚職⑪小泉『父祖の地・北朝鮮』

【いかにも緊迫した雰囲気を装っているが、実際はそうではあるまい(笑)】 スポンサーリンク // 伏見「次は対北朝鮮外交を検証してみよう。小泉は同じ朝鮮民族でありながら、韓国世論と韓国国民からは歴代の総理の中で最も嫌われたけど、不思議と金正日以下…

【小説】小泉構造汚職⑩後編 日中日韓外交の炎上

スポンサーリンク // 東「そもそも、小泉に靖国に参拝する資格なんかないんだよ。 爺さんの刺青又次郎こと小泉又次郎も、親爺の朴純也も大政翼賛会にいち早く賛同して、日米開戦を煽った連中だからね。 当時の近衛首相に媚びて、翼賛選挙でも公認を貰って楽…

【小説】小泉構造汚職⑩前編 韓国世論『激昂』

【2005年春に韓国全土に燃え広がった反日暴動、出自を偽らないまともな日本人が総理大臣だったら事態はここまで悪化しなかっただろう】 スポンサーリンク // 伏見「次は、小泉時代の日韓関係を検証してみよう。俺が疑問に思うのは、小泉は日朝ハーフなの…

【小説】小泉構造汚職⑨小泉純一郎の父『純也の罪』

【朝鮮人である出自を隠し、日本人も含めた同胞10万人を騙してこの世の地獄北朝鮮に送還した小泉純也。他にも余罪多数。】 スポンサーリンク // 東郷「この朴純也って奴は、息子の純一郎に勝るとも劣らない食わせ者で、政治家として万死に値する悪行をやら…

【小説】小泉構造汚職⑧後編 小泉純一郎は『日韓ハーフ』

彼は、あっさりと、小泉純也朝鮮人説を肯定した。 いささか、拍子抜けした。 スポンサーリンク // 伏「有難う。疑問が氷解したよ。」 東「なに、地元では公然の秘密さ(笑)小泉が総理になってからは、タブー化しつつあるけどね。」 伏「と言うことは、純也…

【小説】小泉構造汚職⑧前編 小泉純一郎は『日韓ハーフ』

【小泉純一郎の実父純也(向って右、左は純一郎)、鹿児島県、加世田の朝鮮人部落出身の生粋の朝鮮人。旧姓の鮫島は自称である。朝鮮姓は不明だが、小泉が2005年4月に制定した個人情報保護法の壁に阻まれて今は調べる由もない。】 スポンサーリンク // …

【小説】小泉構造汚職⑦ジェブ・ブッシュの『フロリダのイカサマ博打』

【ブッシュ前大統領の実弟でフロリダ州知事だったジェブ・ブッシュ。兄の指示で大統領選の際はフロリダで不正投票工作を行った。純粋にアメリカの国益のための郵政選挙で、ブッシュが同じことを企み、小泉に指示して実行させた可能性は極めて高い。】 スポン…

【小説】小泉構造汚職⑥郵政捏造選挙『日本人の耳目言論を封じるべし』

【2005年8月、日本史に汚点を残す郵政捏造(ねつぞう)選挙の作戦本部が置かれた日本経団連ビル】 スポンサーリンク // 2005年8月10日 正午 ホテルニューオータニ 東京、赤坂、ホテル・ニューオータニ、最上階スィートルーム 一人のアメリカ人の…

【小説】小泉構造汚職⑤米国『米国のために郵政を解放せよ』

【ブッシュの愛人とも噂されたコンディこと国務長官のコンドリーザ・ライス、不仲の副長官のゼーリックを干し上げて、彼に郵政民営化担当の仕事に出世を賭けるきっかけを作った。左がライス、右がゼーリック】 スポンサーリンク // 西川「表現が、どんどんど…

【小説】小泉構造汚職④ブッシュ顧問団『マスコミを制圧せよ』

【郵政民営化での直接の利権享受者のゴールドマンサックスCEO、ヘンリーポールソン、郵政民営化実現の功績を評価されてブッシュ政権の財務長官まで上り詰めた】 西川「2005年7月31日Battle of Okinawa(沖縄戦)って何だ?だんだん、露骨になって…

【小説】小泉構造汚職③ブッシュ顧問団『議会を制圧せよ』

【郵政民営化法案をアメリカの国益に最大限貢献するように一字一句ゼロから設計し、2005年の郵政選挙を実質的にコントロールしたロバート・ゼーリック(右)】 メモをめくる西川の表情から徐々に血の気が引いて行くのがわかった。 西「おい!このBombing…

【小説】小泉構造汚職②ブッシュ『自民党総務会を粉砕せよ』

【小泉の意を受けて、自民党総務会で【全会一致の原則】を踏みにじって強行採決し、郵政民営化法案の衆議院での審議を可能にした久間章生元自民党総務会長】 スポンサーリンク // 西「どっかで聞いたセリフだな(笑)おい、ところで、ここのIoujima Operatio…

【小説】小泉構造汚職①売国奴による『硫黄島作戦』

【飯島勲元小泉総理秘書官、小泉の意を受けて、2005年の郵政汚職選挙では裏工作を取り仕切るキーマンとなった】 スポンサーリンク // 2009年2月10日 PM8時 築地東京、築地の某老舗料亭の一室 こういう場所には、似つかわしくない一人の男が、胡坐をか…